2010年07月13日

ミニシアターイベント「映画はなぜ地方を目指すのか」8月1日 原宿にて!

「映画はなぜ地方を目指すのか」
(特別映像上映&監督トーク)

2010年8月1日(日)17時より、
原宿キネアティックにて、
地方の活性化、そして、それを映像のもつ力で
支援して、盛り上げていく、そんなアプローチを
行っている映画監督が、映像と共に、
皆さんと一緒に、考えていきます。

 群馬県での貴重な体験をもとに、
野田香里監督が、地方都市交流、地域文化振興の
未来形を提示します。
そして、貴重な経験をし、注目している
群馬の銘酒の試飲など、リラックスした形で
交流を行う場をもうけて、地方について、
映画について、語りある時間をお届けします。

希望者には後日、現地での撮影サポーターとしての
参加なども、出来たりするチャンスです。

映像に、地方の活性化に、地方歌舞伎に、
関心のあるみなさん、ぜひ、お休みの夕べを、
原宿で、過ごしてみませんか。


(以下、転送歓迎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月1日(日) 【特別映像上映&監督トーク】
こんにちは歌舞伎の授業 for Adults スペシャル

ミニシアターイベント「映画はなぜ地方を目指すのか」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特別映像上映 「上三原田歌舞伎舞台2009」
監督トーク 野田香里

映画がひとつのきっかけとなって、動き出した人々がいます。
経理マンだったり、コンピューター関連だったり、
休日の過ごし方も、趣味も違う、20代から40代の男性ばかりです。

群馬県渋川市にある、160世帯の小さな集落は、
放っておけば朽ち果ててしまうだろう、「宝」を抱えてきました。
その宝は、国の重要有形民俗文化財の第一号に指定されるほど
価値あるものでした

モノに価値があっても何もならない――。
そこに人が関わってこそ、価値あるものになることを知ったのは、
あつあつの、一杯のうどんのせいだったかもしれません。

上三原田歌舞伎舞台応援団を結成しようという社会人のグループとともに、
これまでNHKや許可された記録映像など一部のカメラしか入ってこなかった、
現存する日本最古の廻り舞台の舞台裏に入り込んだ野田香里監督が、
「映画はなぜ地方を目指すのか」というテーマで、
群馬と東京をつなぐ、地方都市交流、地域文化振興の未来形を語ります。

地方に関心があり、地方に関わりたい方、ぜひご来場ください。

◆詳細◆

日時:2010年8月1日(日) 開場:16時45分
本編  17時開始
交流会 18時30分〜 (群馬の利き酒セレクション)

場所:原宿キネアティック
 東京都渋谷区神宮前2-27-3 1F Tel: 03(5411)8053
地図 http://www.kineattic.com/access.html
最寄り駅:千代田線「明治神宮前」駅 5番出口徒歩10分、
または山手線「原宿」駅竹下口 徒歩12分

入場料:1,500円 (交流会費は別途 2,500円)
※ただし通しでお申し込みの方は、3800円

定員:30名

申し込み先: info@kabukifilm.com
申し込み方法:
(1)氏名、
(2)紹介者がいる場合は紹介者の氏名、
(3)交流会参加の有無、
(4)連絡用メールアドレス、
(5)簡単な自己紹介またはメッセージ
を、info@kabukifilm.com までお送り下さい。

主催:kabukifilm. com (カブキのカオリ)
HP: http://kabukifilm.com/
ツイッター:http://twitter.com/kabukifilm

【あらかじめご了承ください】
上映は特別映像のみとなり、映画作品の上映ではありません。


※必見!今回のイベントに先駆けてのメッセージ映像をご覧ください。


※当イベントのツイッター公式アカウント(カブキのカオリ)はこちらです。
今回のイベント情報ほか、映画、群馬、美味しいものなどについてつぶやきます。
http://twitter.com/kabukifilm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:35| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック