2010年07月24日

三鷹市名誉市民に、宮崎氏と古在氏。

三鷹市市制施行60周年の今年、
三鷹市ゆかりのお二人を、新たに三鷹市名誉市民と
することになったようです。

三鷹市の名誉市民には、これまで、
 武者小路実篤氏(昭和27年)故人
 山本有三氏(昭和33年)故人
 鈴木平三郎氏(昭和55年)故人
 福王寺法林氏(平成17年)
と4人いらっしゃったそうです。
今回のお二人は、5人目、6人目となるそうです。

 古在由秀氏(初代国立天文台長)

 宮崎駿氏(三鷹市立アニメーション美術館館主)

三鷹天文台を中心に、三鷹は、科学振興に力を入れています。
また三鷹ネットワーク大学でも、活躍されているなど
高い業績と、三鷹との関わりから、名誉市民として
推挙されたのが、古在由秀氏です。

世界の宮崎といわれるアニメ監督としての活躍と
三鷹の森ジブリ美術館の館長としての関わり、
三鷹のキャラクター「Poki」の原作者として、
高い業績と、三鷹との関わりから、名誉市民として
推挙されたのが、宮崎駿氏です。

11月3日に開催される三鷹市市制施行60周年記念式典にて
名誉市民証・市民章の贈呈が行われる予定となっている
そうです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:36| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。