2010年08月20日

交通信号が登場した日


 交通信号が、設置されたのは、日本では最近のこと
1931年8月20日、昭和がはじまって6年、
東京の中心街、銀座、京橋などに、3色の信号機が
設置されたのが最初だそうです。
赤・黄・青の三色、でも青は緑といっていた気がします。
世界最初は、ガス灯の2色(赤と緑)の信号機で、
1868年のロンドンの設置だそうです。
 交通信号機が必要になったということは、
自動車などの往来が激しくなったということですね。
それ以前は、信号は必要なかったともいえます。
 最近は、信号機も、LEDになって、
長持ちになったことから、省エネ経費削減が
できているようです。
 道路だけでなく、航路など、往来の激しい交差点には
信号機が必要なのだということですね。
もちろん、やがて宇宙にも必要になることでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:52| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック