2010年08月21日

噴水と、献血と、ハワイ・・・・


 明治10年8月21日に、日本に初めて西洋式の噴水が
設置されて、お披露目されたそうです。
お披露目の舞台は、第1回内国勧業博覧会、上野公園での
開催であったそです。噴水は、水の芸術といえるものですし
夏においては、涼しさを感じさせてくれるものでも
あったりします。この残暑厳しい夏の日々のなか、
水に恵まれた日本には、噴水を初めとした水のオブジェや
水のせせらぎにいって、涼むことがでいるだけでも
幸せなのかもしれません。
 最近も変わらず血が足りないようです。
輸血という医療技術が登場してから、献血という
サポートがはじまったわけですが、
日本では、昔は売血制度があり、貧困な人が、
血を売って生きていたことがあったわけです。
その制度が廃止されて、献血制度として今の形に
なったのが、昭和39年の8月21日の閣議決定で
あったということで、献血記念日ということに
なったそうです。最近は、私の血は使えないらしいので
献血してませんが、元気な人はぜひ協力してあげてください。
 ハワイが、正式にアメリカの50番目の州になったのは、
1959年8月21日のことだそうです。
それまでは、属領であったということです。
おもえば、沖縄も、日本への復帰ではなく、
アメリカの51番目の州となるという選択肢もあったのかも
しれません。もともと琉球王国として独立した国家で
あったわけです。独立して琉球国となるという選択も含め
結局、日本への復帰ということになった沖縄ですが、
戦後65年を経過した今も、戦後の問題を抱えている
そのことを、日本国民は広く認識し、知るべきであると
いえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:30| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック