2010年10月17日

全国高校サッカー選手権〜名門校の今〜清水東

全国高校サッカー選手権大会も今年で89回
各県の予選が実施されています。
その48都道府県の展望や注目高校、選手を
特集した雑誌が、発売されています。
週刊サッカーマガ
ジン増刊 高校サッカー2010展望号 2010年 11/10号 [雑誌]



その雑誌に、名門校の現在という記事があり、
我が母校である静岡県の清水東高校が取り上げられています。

「青」のユニフォームを印象付けた王国の雄として
清水東が注目を浴びてきたのは、闘将勝沢監督が率いて
1972年度にインターハイ初優勝して、
1974年度の選手権に初出場準優勝したことでした。
「文武両道」を取り組みの礎に
1980年度、夏にインターハイで優勝し、
選手権に出場して、決勝に進出して、準優勝。
このときの3年生のメンバには、試合のすぐあとに
共通一次を受験したりしてました。
現在の監督は、そのときのキャプテンであった高橋くんです。
小中高と同級であった彼にはぜひ優勝監督になって
欲しいと願っています。
ちなみに、準優勝のとき、
3年生には、甲府の監督の内田一夫、
2年生には、湘南監督の反町、清水のGMの望月達也、
1年生には、東高の前任監督の梅沢、前々任監督の膳亀、
がいました。
そして、2年後、2年生に清水東三羽ガラス
長谷川健太、大榎克己、堀池巧がいて、
決勝で韮崎を4−1で破り初優勝します。
翌年も、決勝に進み、国立競技場を満員にした
帝京との対戦で、0−1と準優勝となり、
日本中の注目を浴びました。
清水御三家(清水東、清水商業、東海大一)と
藤枝東、静岡学園、浜名といった強豪が競う県大会は
全国で勝ち抜くより難しいといわれたりしました。
その後、1989年度に相馬直樹、
1990年度に、野々村芳和、斉藤俊秀を中心に
連続出場するも、その後は選手権の全国大会には
出場していません。
新三羽ガラス(西澤、山西ら)を擁したときや
山崎や高原、中払などのとき、
現日本代表の内田を擁したときなど
期待されたものでしたが、県大会を突破できませんでした。

さて、今年の清水東ですが、
ジュビロ沼津出身の3年生の4人、
MF増田、FW鈴木航、鈴木海、DF秋山を
中心に、成長してきて、プリンスリーグ東海への昇格を
決めています。
ジュビ沼カルテットの名が全国に知れ渡ることを
期待したいところです。
めずらしく、3年生が10名も残っているとのこと。
また、清水エスパルスJY出身の1年生加瀬沢くんの
活躍にも期待がかかっているようです。
基本は4−4−2らしいですが、
登録メンバの中心となるイレブンは、
1 GK 高木徹
2 DF 秋山元気
3 DF 野川隆輝
4 DF 山崎晋平
5 MF 吉川雄太
6 MF 塩沢太郎
7 MF 増田湧介
8 MF 沢根祐
9 FW 鈴木航
10 FW 鈴木海
11 FW 望月翔太
となってます。
今年の選手権の県大会の1次トーナメントでは
6−0、5−0、5−0、勝ち抜き
2次リーグに進出しています。
2次リーグでは、
磐田東、昨年の覇者藤枝明誠、静岡西との
対戦となります。
難敵が多いですが、2次リーグを勝ちあがって
決勝トーナメントでも、さらに飛躍して、
久しぶりに、全国の切符を手にして欲しいと思います。

平成に入ってからは、
県勢の全国でのベスト4以上は、
清水商業と静岡学園が優勝1回、
藤枝東が準優勝1回、
3位は、静岡学園と藤枝東が1回と
いった感じになってます。
ぜひ、清水東の名前が、追加になるようと良いなと
願っています。
高橋監督にも、ぜひども良き指導にて、
選手たちを導いていって、優勝の歓喜を体験させて
あげて欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック