2010年10月26日

原子力の日〜原子力は必要か・・・

 日本で初めて、原子力発電に成功したのが、
1963年10月26日であったそうです。
場所は、よく知られている、東海村の日本原子力研究所の
動力試験炉です。それを記念して、原子力について
国民の理解を深めてもらおうということで、
もうけられたのが、原子力の日ということです。

 さて、原子力については、賛否両論があります。
どちらにも、それぞれの言い分があり、理由があるといえるでしょう。
実は、この問題は、何を選択するのかという問題で
あるといえるのかもしれません。
豊かな生活か、貧しくても暖かい生活か、という人も
いるかもしれませんし、
リスクある生活か、安全安心の生活か、という人も
いることでしょう。

 原子力問題は、核兵器というレベルの問題から、
原子力発電というエネルギーの問題、
放射性廃棄物という環境の問題、
といった、多方面に関連した問題であるといえるでしょう。
でも、そもそも問題なのか、という議論もあるのかもしれません。
科学技術にはリスクは付きものです。
それを、どのようにより安全に運用し、利用し、
より豊かで便利な生活をおくれる社会にしていくのか、
といった側面をもっています。
便利さになれた人間が、それのない生活に戻るのは難しいのが
現実であるといえるでしょう。
禁酒や禁煙や菜食ですら、出来ない人の方が多かったりするのですから。
 どこかで、便利さや快適さを捨てるか、
リスクをとるのか、決めなければいかないのかもしれません。
もちろん、リスクをとらずに、便利さや快適さも捨てないという
方法もあるかもしれません。
 エネルギー問題には、経済性という問題もあったりします。
高いコストを支払っても良いから、安全や便利さをとるのか、
コストは最小限で、便利さとリスクをとるのか、
これもまた、それぞれの価値観によって、異なる意見が出ることでしょう。
 また、問題も、ある場所についての問題であったり、
ある特定の施設の問題であったりすることもあります。
それを全体の問題と混同しないように注意することも必要でしょう。
 いろんな意見があること知り、
いろんな情報があることを知り、
そのなかで、自分自身は、どう思うのかを考えていくこと、
そんなアプローチが大切なのだと思います。
 原子力の日、原子力を中心として、エネルギーや環境、生活の問題まで
考えてみるのも良いのではないでしょうか。


いま、考えよう!放射性廃棄物の地層処分
http://chisoushobun.jp/

東京電力・原子力
http://www.tepco.co.jp/nu/index-j.html
ひとと暮らしを支える電気の「ふるさと」
http://www.tepco.co.jp/nu/hometown/index-j.html
関西電力・原子力
http://www.kepco.co.jp/gensi/index.html
中部電力・原子力
http://www.chuden.co.jp/energy/notco2/index.html
Webアニメ「働け!吉田くん
http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/pamphlet/movie/mov_anime/index.htm
l
北陸電力・原子力
http://www.rikuden.co.jp/atomic/
東北電力・原子力
http://www.tohoku-epco.co.jp/genshi/
北海道電力・原子力
http://www.hepco.co.jp/ato_env_ene/atomic/atomic.html
中国電力・原子力
http://www.energia.co.jp/atom/index.html
四国電力・原子力
http://www.yonden.co.jp/energy/atom/index.html
九州電力・原子力
http://www.kyuden.co.jp/nuclear_index.html
銀河鉄道999〜時空を超えたエネルギーの旅〜
http://www.kyuden.co.jp/gingatetsudou999.html
沖縄電力・原子力発電の導入可能性に向けた検討
http://www.okiden.co.jp/environment/report2009/03/07.html
六ヶ所村原燃PRセンター
http://www.6prc.co.jp/
日本原燃サイクル情報センター
http://www.jnfl.co.jp/info-center/index.html

第1回エネルギー問題勉強会「原子力による電力安定供給の必要性を考える」
http://bit.ly/amVjUd
http://www.blog-headline.jp/earthdialog/archives/2010/09/discover_earth_1.html

原子力発電反対の風潮の広がりを愁う
http://www.engy-sqr.com/watashinoiken/bunrui/amano.htm

原子力発電は必要か?
http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/genpatu.htm

原子力発電の問題 2 原発反対の立場から
http://www2.big.or.jp/~yba/eco/turuga02.html
原子力発電所は、何が問題なのか?
http://www.manabinoba.com/index.cfm/4,3182,152,html?year=2003
原子力発電反対の原点は
http://www.erc-books.com/ERC/ER/ER-BackNo2009/ER09-7.html

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
http://bit.ly/as30qQ
http://888earth.net/index.html
映画「六ヶ所村ラプソディー」
http://rokkasho-rhapsody.com/
原子力資料情報室
http://cnic.jp/modules/rokkasho/
ECOの旅NAVI in はちのへ
http://www.ecotabi-navi.jp/index.htm

エネルギー問題
http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/energy_crisis.html
考えよう! 日本のエネルギー問題
http://www.gov-online.go.jp/useful/flash/contents/200603.html
あとみん
http://www.atomin.go.jp/index.html
独立系メディア:原発関連記事
http://eritokyo.jp/independent/today-column-nuclear.htm


 ・・・ちなみに、個人的には、原子力は人類の知恵として
必要なものであると思っています。ただし地球上では必要のないものとも
思っています。神の与えた人類のフロンティアである宇宙に向けて、
原子力は必要な技術のひとつとなるでしょう。
だから、原子力に関する研究は進めていくべきであると考えます。
商用利用については、発電については、現状においては、
繋ぎとして、現状レベルで必要であるとは思います。
しかしながら、廃棄炉処分などのコストやリスク面の問題を
考えると、新たに増やす必要はないとも思います。
もちろん、コスモクリーナーのような放射能除去技術が発明されれば
そんなリスクもなくなるので、反対する意味もなくなるとは感じます。
医療や診断、新素材開発など、他の方面での原子力の利用は、
今後も重要なものとなると考えますから、研究面での更なる進歩への
投資は、国策としてもしっかりと実施していくべきだとおもいます。
 プルサーマルについては、技術研究は是とは思いますが、
商用展開については、まだ疑問符が残るという印象をもってます。
 原子力といっても、ちまたの話題は、核分裂の話が中心ですが、
核融合に関して、技術研究の推進を奨めていって欲しいと思います。
月や火星などの開発にあたっては、エネルギー供給の中心は、
太陽と原子力であることは、間違いないでしょうから。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック