2010年11月23日

SFアニメ2本〜マルドゥック・スクランブル/ボトムズ


「マルドゥック・スクランブル 圧縮」と
ボトムズフェスティバルの第壱弾
「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE -ケース;アービン-」
を劇場で観賞しました。

第24回(2003年)日本SF大賞を受賞した作品
冲方丁著『マルドゥック・スクランブル』の
アニメ化は、ゴンゾさんが一度企画して断念、
その後、どうなるのかなと思っていましたが
アニプレックスさんによって、このほどアニメ化され
劇場公開されました。
原作者自らが、脚本を担当しているということも
あって、作品のクオリティは高いです。
少女の未熟さと過去の苦難からの心の脆さ、
そのなかにある生きることへの渇望と、
生き抜くための力、恐怖との戦いのなかで、
生まれてくる強さと、
信頼の絆のなかで生まれてくる強さと安らぎ、
戦いのなかで、問われる存在の意味。
なかなか見応えのある作品でした。
続編にも期待大といったところでしょうか。

そして、サンライズのロボットアニメの名作
ボトムズシリーズの最新作が劇場で公開される
ボトムズフェスティバルの第壱弾である
「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE -ケース;アービン-」
戦場で生き残るために鬼・悪魔となったアービン、
戦場から妹のもとに戻って新天地を目指すために
内緒で働くもののゲームとしてのバトリングでの
八百長試合に出ている。
そこで、戦場で戦い勝利することだけを望む
ペイガンと出会い、その狂気に巻き込まれていく。
戦場、戦争のもたらす狂気と苦悩。
その果てにあるものは何か。
ひとつの物語が語られていきます。
ボトムズの雰囲気と少し違うという感想もあったり
するようですが、これもまたひとつのボトムズの
世界だなというところであるかと思いました。
ボトムズフェスティバルの第弐弾、第参弾が
非常に楽しみであるといった感じでしょうか。

2作品が、それぞれにSFらしさをもった物語として
楽しめるものになっていました。
日本のアニメの素晴らしさを感じることのできる
作品でもあるといったところでしょうか。


劇場アニメ『マルドゥック・スクランブル 圧縮』
http://m-scramble.jp/

マルドゥッ
ク・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)



ボトムズ・フェスティバル
「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE -ケース;アービン-」
「ボトムズファインダー」
「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:38| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック