2010年11月29日

議会開催から120年・・・

 11月29日は、明治23年に、第一回の帝国議会が
開設された日ということだそうです。
日本で議会政治が始まったということですね。
それから、120年が経過して、今の日本の議会は
果たして、国民の議会として成長しているでしょうか。
また、国会だけでなく、地方の議会はどうでしょう。
もうじき、日本国内で、多くの地方議会の選挙が
行われます。平成の大合併で、1800程度になった
地方自治体の議会、これまで住民のために
きちんと機能していたのか疑問な点も
多かったりします。議員の為の議会になって
しまっているから名古屋のようなことになって
しまうともいえるのではないでしょうか
そして、それを許して放置して税金を無駄に
浪費させてきたのは、議員を選んだ住民です。
今こそ、住民はしっかりと自ら考え、
地域のため住民のために働くことのできる
自分の事よりも地域のために奉仕できる
精神と意志と行動力をもった人なのか
見極めた上で、投票していくことが
必要となっていることに気付くべきだと
いえるでしょう。
それが出来るかどうかが、その自治体の
未来を決める要因のひとつであると
いうことですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック