2010年12月14日

南極の日

 1911年12月14日、ノルウェーの探検家のアムンゼンが
世界ではじめて、南極点に到達しました。
約一ヶ月に、イギリスのスコットが到着します。
極点への到達を記念して、南極の日ということです。
 南極は、世界の共有財産ということになっています。
日本も、南極に観測基地を設置して、
地球のことを研究しています。
南極から得られる情報は、人類にとって、
価値あるものだといえるでしょう。
また、オゾンホールなど、地球環境に関わる観測なども
極点の話題であったりします。
 日本では、南極についての映画「南極物語」が
大ヒットしたことがあります。
南極に関わる物語の魅力、それはやはり夢と希望に
関わる物語であるからなのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:09| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック