2010年12月30日

天皇杯準決勝終了・・・元旦の決勝カード決まる

 第90回天皇杯 全日本サッカー選手権大会の準決勝が
12月29日に開催され、第90回を数える大会のファイナリストが
決定しました。

 鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス

 平成23年1月1日(祝)14:00キックオフ
 国立競技場

ACL出場権に、シーズン最後の栄冠を目指して
Jリーグ開幕時から、注目されていたクラブの
対戦となりました。
はたして、90回目の栄冠は、どちらのクラブに
もたらされるでしょうか。

準決勝

 清水エスパルス 3−0 ガンバ大阪

 鹿島アントラーズ 2−1 FC東京

リーグ戦で0−3と負けた相手に、リベンジして
最後の舞台へと歩みをすすめた清水エスパルス、
J1最後の意地を見せたFC東京に先制されるも
追い付き延長終了間際に逆転した鹿島、
ともに勝利への強い意志をもって戦った試合でした。
決勝も素晴らしい試合になることを期待します。

そして、
清水エスパルスのサポータとしては、
何としても、長谷川健太監督のエスパルスの
集大成として、勝利で終わって欲しいと
願っています。
新しいエスパルスの門出を祝う勝利を
最後の舞台で、サポータに魅せて欲しいです。
元旦は、国立競技場へいって、スタンドから
応援する予定です。
久々の決勝の舞台、よき年明けとなるように
応援させてもらいます。
フォッサ!エスパルス!。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック