2011年01月21日

色は匂えど散りぬるを・・・

 3月21日が、空海の入寂した日ということで、
当初は、その日だけの縁日であったのが、
1239年より、毎月の21日に、行なわれるようになり
今日に至っているそうです。
年の初めの縁日であるということで、
初大師、初弘法とよばれます。
空海、弘法大師は、当時の朝廷に認められ、
東寺にも祀られています。
そんなこともあり、
東寺の御影堂(大師堂)で御影供法要が営まれる日でも
あるようです。
 空海の残した足跡は、沢山ありますが、
いろは歌も、そのひとつであるといわれているそうです。
神仏の国である日本に生まれたからは、
やはり、その文化の根底にながれる神仏に関する
信仰について知ることは、良いことであり、
必要なことであるような気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック