2011年02月02日

電子出版の拡大に向けてのイベント出展募集中の告知をみて思うこと

 10年以上続いてきた電子出版元年も、
ネットの普及と、一般消費者に端末が普及していったことで
ようやく、本当の意味での元年を昨年迎えたのだと
いうことなのかもしれません。
しかし、まだ携帯ユーザとパソコンユーザを中心として
利用されているレベルであり、また紙の書籍も、
書店に足を運ばなくても、ネットで購入して宅配で送ってくれる
という時代になり、購入の不便さもなくなってきていることも
あって、日本では、まだまだ発展途上といえるでしょう。
 タブレットPCやスマートフォンの普及の流れのなかで、
市場は拡大していくといえるでしょうが、
紙の書籍が、全て電子化されることはないでしょう。
電子ペーパーが、本当の紙と大差ないレベルに
薄く軽くなってきたときには、切り替わるかもしれません。
 書籍の出版も、オンデマインド出版という少量出版を
低コストで可能にする方法が出てきましたし、
電子出版も、電子書籍作成ソフトが、今後フリーをはじめ
多く登場してくることでしょうから、
出版に関する敷居は低くなり、誰もが出版できる時代に
入っていくことになるでしょう。
もちろん、これまでも同人誌をはじめとして、
個人での出版は可能でした。
ただ、多くの人に露出するということは、難しい部分が
あったのも確かです。
しかし、ネットの普及は、それもハードルを低くしてきたと
いえるでしょう。
一方で、ビジネスとして出版を成り立たせるのは、
難しくなってきたともいえるかもしれません。
ネットの世界では、寡占化が流れでもあり、
小さなビジネスは可能ですが、大きくするのは最初に手を
つけてNo.1になるしかないといった傾向がありますから
ただ、ビジネスのあり方も、多様化していくことでしょうし、
小規模であっても、オンリー1であれば、
成り立つものですから、いろんなアプローチが出てくるのでは
ないかとおもいます。
また、オンリー1も、いろんな規模、分野、種類で有り得るだけに
コンテンツの魅力があれば、そこそこいけるともいえるでしょう。
これまでは、ネットでは、いわゆるマーケッターという人が
儲けの8割をとって商売してきたわけですが、
マーケッターでなければ出来ない部分は、減っていくかもしれないと
感じています。
それは、プラットホームのもつ機能を使いこなすことが
ベーシックな機能のなかに盛り込まれていく方向で進み、
インフラ提供する企業が、マーケッターの役割を包括していき
サービスとして提供して、コンテンツの魅力だけで勝負するような
感じになっていく可能性もあると感じるからです。
ネットの登場がリアルの世界で中抜きを進めたように
ネットの進化が、ネットの世界でも中抜きを進めていくのでは
ないかという気がしているわけです。
マーケティングの手法も基本は、昔から変わっていませんし、
コピーライティングにしても、その基本に、大きな変化はありません。
ツールが増えたというだけで、手法そのものは、
結局、売り手と買い手の関係のなかで成り立つものであり、
人と人との商いの方法は、ツールが変化しても、根本は変わることは
ないということです。

さて、今年も7月に東京国際ブックフェアが開催される予定に
なっています。
そのなかで、電子書籍の専門展として、

国際 電子出版 EXPO (eBooks イーブックス)
http://www.ebooks-expo.jp

が開催されます。
同時に、
第18回 東京国際ブックフェア (TIBF)
http://www.bookfair.jp/
第2回 教育ITソリューションEXPO (EDIX)
http://www.edix-expo.jp/
が行われることになっています。

電子出版への出展は、昨年の倍になっているようです。
出展募集の案内にある出展対象品目をみてみると、
デジタルコンテンツのサービスやビジネスにどんなものがあるのかが
大体把握できるような感じになっています。

コンテンツのデジタル化技術・サービス
− デジタルコンテンツの制作・編集・校正・翻訳に関するソリューション
− 出版コンテンツのデジタル化 及び デジタルコンテンツの制作サービス
− フォーマット(.Book、ComicSurfing、EPUB、XMDF、AZW、PDF、XML、HTMLなど)
− フォント
− オーサリングツール、データ変換ツール
− 書籍用スキャナ
− 印刷に関する製品・ソリューション(ADF、コピー機器など) など

デジタルコンテンツの管理・運用技術
− デジタル著作権管理(DRM)
− 情報漏えい防止(DLP)ソリューション
− コンテンツ認証システム、課金システム、セキュリティシステム
− ユーザーID管理ソリューション
− デジタルアーカイブ管理ソリューション
− デジタル資産管理ソリューション
− 大容量ストレージ、DVD、CD-R、CD-ROMなどの記録媒体 など

コンテンツの配信・閲覧 及び 販売に関する技術・ソリューション
− 配信プラットフォーム
− デジタルコンテンツ配信ソリューション・サービス
− 閲覧用ビューワ
− コンテンツ販売システム、取次・仲介サービス
− コンテンツ販促ソリューション
− 広告配信ソリューション
− コンテンツ検索ソリューション など

デジタルコンテンツゾーン
− 書籍
− 雑誌
− コミック
− 新聞
− 学術情報(論文など)
− 映像(動画、映画、TV番組、アニメなど)
− 情報(ニュース、位置情報など)
− ゲーム
− 音楽 など

電子書籍端末ゾーン
− 電子書籍端末
− タブレットPC
− スマートフォン、携帯電話
− ネットブック
− ゲーム機、音楽プレーヤー
− テレビ、PC、電子辞書 など

デジタルコンテンツ・ソリューション ゾーン
 映像(動画、映画、TV番組、アニメなど)、音楽、ゲームなどの
 デジタルコンテンツに関する
 − 配信プラットフォーム
 − SNS
 − SAP(ソーシャル・アプリ・プロバイダ)
 − 配信ソリューション・サービス
 − 販売・販促ソリューション
 − コンテンツ検索ソリューション  
 − 閲覧用ビューワ など  

開催時期が、日本で地上波放送のデジタル化が実施される
直前ということになります。
その意味では、デジタル放送に向けての出展に、どんなものが
出てくるのかが、興味深いような気がしています。
出展する予定はありませんが、展示会には何とか行ってみたいと
思っている次第です。

TIBF・EDIX・eBooks2011
会期:2011年7月7日[木]〜9日[土]
会場:東京ビッグサイト
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック