2011年02月20日

歌舞伎の日

 1607年2月20日に、出雲阿国が「かぶき踊り」を
江戸城で披露したそうです。
それに由来して、歌舞伎の日だそうです。
京の都の四条河原で、
十字架を首からぶらさげて、
男装して、刀をさし、踊ったといわれているそうです。
 歌舞伎は、江戸時代に全国各地に広がって
それぞれの地方に、それぞれの歌舞伎が、
庶民の文化として根付いていったというわけです。
残念ながら、今もその文化を受け継いでいる場所は
数少なくなってしまっているようです。
とても、もったいないことだといえるでしょう。
まだ、今も残されている地方歌舞伎の舞台や芸は
ぜひとも大事に継承して残していくべきであると
いえるのではないでしょうか。
地域の絆と、地域の伝承と継承は、
地域の活性化の源泉でもあるといえるでしょう。

 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック