2011年03月19日

彼岸の入りを過ぎて

 昨日は、彼岸の入り、精霊の日でした。
未曾有羽の大災害から1週間が過ぎてなお、
被災の状況は、はっきりできず、被災者の皆さんも
落ち着けない状況が続いています。
 関東大震災以来の大災害のなかで、
被災者のみなさん、被災地の復興には、
長い年月が必要になることでしょう。
この国難にあたり、まさに日本中が、自分たちのすべきこと
成すべき事について、考えてみること、
そして、無理をすることなく、継続していけることを
しっかりと行っていくことが、
大切であるように感じます。
一次復旧および救援救難の状態は、今月中は続くでしょう。
この状態では、それぞれの専門家やプロが中心になって
もっとも適切で合理的で迅速な対応を行うことが
求められます。ボランティアもプロの皆さんが中心に
活動される段階でしょう。
アマチュアや素人の出番はないということです。
そして、二次復旧の段階になったとき、
ボランティアの人たちが、本当の意味で必要とされて
くるでしょう。その準備をおこなっておくことは、
必要であるとおもいます。
被災しなかった皆さんは、いつもの生活をおくりながら
健康で元気でいることが大切ですね。
そして、省エネなど、継続して、社会貢献できることを
続けていくことが大切なように感じます。
無理をして、自分が疲れてしまっては、本末転倒です。
被災者の皆さんも、無理をせず、我慢せず、
頑張らなくてもよいから、落ち着いて、健康であること
これから先の長い戦いに備えておくことも大切だと思います。
きっと、手をさしのべてくれる人がいるはずです。
日本中のみなさんが、何かあったら、お手伝いしたいと
思っています。必要なもの、必要なこと、我慢しないで
訴えて欲しいとおもいます。
頑張らないで、休んで欲しいとおもいます。
被災のなかで、生きていることだけで、
充分に頑張っているのですから。
子どもたちも、我慢せずに、楽しめるものがあれば
楽しんで下さい。楽しみ、笑うことのなかで、
元気になっていけるのですから。

彼岸にあたり、亡くなられた皆さんのご冥福を祈り、
その無念の心を昇華させて安らかに天におくりだして
あげることが大切です。
安心して、魂が神のもとに向かい、
精霊が静かに良きスピリッツとなって残された人を
守護して下さるように、祈りを捧げましょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック