2011年03月20日

放射線量の単位について

 さて、多くの人が、メディアから流れる情報に
困惑しているようです。
放射能・放射線についての数字が、
いったいどんな意味なのか、どう考えればいいのか、
わからないのに、10倍だとか、100倍だとか、
1000倍だとかいう表現がされて、
なんだか怖いという気持ちになってしまう人も
多いことでしょう。
 放射能・放射線を表す単位は、いろいろあります。
国際単位系(SI)のものと、
それ以前に使われていたものとがあったりします。
調べてみれば、すぐにわかるものですが、
基本的な単位としては、以下のものがあります。

SI系
シーベルト Sv (1J/Kg=100rem)吸収線量
  生体への被曝の大きさの単位
グレイ   Gy (1J/Kg=100rad)等価線量
  物質の吸収線量を示す単位
ベクレル  Bq (1壊変毎秒=2.7x10^-11Ci)
  1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能の量

吸収線量=等価線量 x 放射線荷重係数
放射線荷重係数は、放射線の種類で変わる。
 X線・ガンマ線=1
 ベータ線=1
 中性子線=5〜20
 アルファ線=20
放射性同位元素によって、出す放射線が異なるので
グレイとシーベルトの値は変化する。

非SI系
レム    rem (0.01Sv)
ラド    Rad (0.01Gy=100erg/g)
キュリー  Ci  (3.7x10^10壊変毎秒=3.7x10^10Bq)

これに、
ミリ   m 1000分の1
マイクロ μ 1000,000分の1
ナノ   n 1000,000,000分の1
毎秒   /s 1秒間あたり
毎時   /h 1時間あたり
毎年   /y 1年あたり
といった単位が追加されているわけです。

自然環境から人が受ける放射線の世界平均が、
約2.4mSv/y程度だそうです。
つまり、これ以下の放射線を浴びる状況についての人への
影響は、はっきりわからないということです。
ちなみに、
東京-ニューヨーク間を12往復すると、2.4mSv
胸部X線1回で、0.1〜0.3mSv
胃のX線撮影1回で、4mSv
CTスキャン撮影1回で、7〜20mSv
程度のようです。

食品汚染に関連して、
ベクレルとシーベルトってどうんな関係なのって
いう疑問が、飛び交っているようですが、
難しい関係ですね。

ヨウ素131
 126.90447 u
 半減期T=8.0207日=692988.48秒
 アボガドロ定数=6.02214x10^23
 1秒あたりの崩壊数=1-2^(-1/T)=1.00022850x10^-6
 1gあたりの原子数=6.02214x10^23/126.90447=0.047454120x10^23
 ヨウ素131の1gで、4.746x10^15 Bq
 おおざっぱに、
 ベータ崩壊するとして、1原子核から1電子が出ると
 すると、0.511MeVが放射される?
 1MeV=1.60×10^-19 J
 4.746x10^15 x 1.60×10^-19 = 7.59 x 10^-4 J
 これが、1kgのものに照射されたとして、
 0.759mSv ということになるのかな。
 出来立てほやほやのヨウ素131が1gあって、
 1秒後に1kgのものに与えられる放射量が0.759mSvくらい
 ということになるのかな。
 それってどうなのといわれても困るけど・・・・。

ヨウ素131の影響は、がんのヨウ素治療における注意事項を
読むと大体こんなものというのがわかるといえるかも
しれませんね。
(参考)
「放射性医薬品投与後は減衰を待って帰宅した方がよいのでしょうか?」
http://trustrad.sixcore.jp/release_alara.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:36| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック