2011年03月23日

気象の日に・・・・・

 世界気象機関が発足したことを記念して
制定された日が、世界気象デーだそうです。
昨日は、水の大切さと貴重さを見つめ直そうという
世界水の日でもあったようですね。
 気象については、地球温暖化問題をはじめ、
今回のような地震や津波、台風といった大きな力に
どのように人が対応していくべきかという課題に
対しての基本となる研究対象であるといえます。
しかしながら、まだまだわかっていないことが
多い分野のひとつでもあるわけです。
 なんとなく、天気予報などもあるし、
よくわかっているような気分になりがちですが、
この地球上の自然のメカニズムについては、
人知を超えた出来事が、まだ多く発生しており、
そして、人の科学が思いもよらないことが
存在しているものであるといえるでしょう。
近代科学では、解明することの出来ないことも
あるということを、しっかりと認識しておくことが
大切であるように感じます。
 いわゆる自然科学は、物質を扱っているものでしかなく
その物質の背後にある存在までは扱えていないと
いうことなのです。
心の世界、霊的世界、スピリチュアルな世界と
いったらよいでしょうか、そんな世界とのかかわりに
おいて生じる事象に関しては、自然科学は無力です。
もちろん、その世界にも論理的な法則は存在しており
人は、その法則を学んできてもいます。
科学と宗教が分離する前、さらに昔の時代には、
どちらも扱う学者がいたということです。
分離した流れは、いずれ統合するときが訪れるでしょう。
そうなったとき、人は、またひとつステップアップ
するのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック