2011年03月27日

さくらの日・・・仏壇の日・・・・

 日本を代表する花、桜に関心をもってもらい
花と緑の豊かな国土づくりを目的に
72候「桜始開」の時期ということもあって
この日をさくらの日としたそうです。
また、日本書紀に
「仏舎を作り、仏像及び経を置き、礼拝供養せよ」
という天武天皇の勅令が施行されたという日と
あることから、仏壇の日としたそうです。

 日本が戦後経験したことのない大災害が発生し
多くの人が被災し、亡くなり、避難している現状のなか
ただ恐怖を煽るのではなく、生きることの意味と
生きることの価値、そして、日本という国に
生まれ育ったこと、そして、日本という国は、
自分たちがつくり支えているということを
感じるべきなのかもしれません。
目の前の災害に、逃げ出すだけでは、何も解決は
しないでしょう。
それぞれの成すべきことをなし、
成すべきものに真摯に取り組んでいくことが
大切なのだということでしょう。
まだ、夏まで、災害復旧の作業は続くことでしょう。
それを支えるためにも、被災地以外の経済活動が
より活発になっていくことが必要であると
いえるのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック