2011年04月17日

春土用の入り・・・恐竜と家康と

 桜の花びらが舞い散り、葉桜の下で
憩う人々を見かけたりするなか、
雑節のひとつを迎えて、春から夏へ季節も
移ろっていく季節となってきたようです。

 恐竜の卵の化石の発見に向けて、
学者が、ゴビ砂漠への旅に出た日ということで、
恐竜の日だそうです。
 1616年に、徳川家康が亡くなった日ということで
家康忌ということです。

 恐竜といえば、怪獣のイメージの源泉ですね。
怪獣といえば、やはり、ゴジラとガメラを忘れる
わけにはいきません。ゴジラの方は、清水港にも
上陸したことがありますし、浜岡原発を襲ったり
富士山の麓で、へドラと戦ったりと、静岡にも縁が
多かったりします。
家康といえば、駿府城で晩年を過ごし亡くなったときは
久能山東照宮に埋葬されています。
先頃、国宝となった東照宮、家康の手形とかも
売られていたりしますね。まさに静岡に縁ある
歴史上の偉人のひとりです。
 故郷、静岡との縁のなかで、いろいろ考えて
みるのも、楽しいものです。
港町の城下町が合併して、政令市となった静岡市、
駿河湾から南アルプスまでに至る広い市のエリアの
なかに、史蹟も、神話の時代、古代から
江戸まで幅広くあります。新日本三景もあり、
観光資源が多いエリアであることをもっと活かして
活性化していくことも大切であったりします。
故郷がより魅力あふれる町となっていくことを
願うと共に、そのために私が何か出きることが
あったらぜひ協力していきたいとも思う次第です。
新市長の手腕に期待しています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:09| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック