2011年04月23日

守護聖人サン・ジョルディの日

 スペイン・カタルーニャ地方のバルセロナなどで
行われている慣習が、日本カタロニア友好親善協会などから
日本に紹介された日ということです。
 男性は、女性に、薔薇の花を贈り
 女性は、男性に、本を贈る
そんな習わしがあるそうです。
キリスト教系の習わしですね。
日本は、海外の催しやお祭りなどを、
よく受け入れてきています。
もともと、お祭りが好きな民族であるからだと
いえるでしょう。
 被災にあい辛いときであっても、
みんなでお祭りを通じて、励まし合い、
頑張っていこうという、絆を確かめて
神に感謝と願いを捧げてきたのだといえるでしょう。
 今、東日本大震災で、被災していない地域で
自粛という一部の権力者の自己満足のための
愚かな行いが蔓延してきている部分があったりします。
自粛したから、被災地が救われることなど
何もありません。
自分は、被災地のために自粛したのだと思いたい
自己満足しかない行為だといえるでしょう。
そんな事のために、地域の経済が衰退し、
消費も減り、かえって被災地の復興を邪魔している
ことになってしまっていることに気付くべきでしょう。
被災しなかった地域がすべきことは、
もっと元気に活動して、経済を活発にして、
被災地の復興活動を支えていくことであるはずです。
 被災しなかった地域では、
被災地の復興を願いながら、より元気に活動して
被災地を間接的に支えていくことが大切です。
ゆえに、お祭りなども、催しなども、
より盛大に開催して、そこで得たものを
被災地に分けてあげることを考えていって欲しい
そんなふうにおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:38| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック