2011年04月30日

クィーンズディ

 オランダの祝日で、女王誕生日を祝う日が
クィーンズディとのこと、昨日は英国王室で
王子の結婚式がおこなわれ、
イギリスは祝福ムードに染まっていました。
王室をもつ国は、今も世界に数多くあり
王室外交は、とても重要な意味と価値を
持つものであったりします。
日本が、皇室を持つ国であるということの
価値は、国際外交の場においても
非常に重要で大きなことであるといえます。
しかも、皇室の歴史は世界でもトップクラスの
長さと深みをもっているのです。
その価値をうすめて日本の力を弱めようと
占領軍は皇室典範を改悪しました。
アメリカには王室がなく、そのことについて
コンプレックスをもっている部分もあるようです。
日本人は、皇室の価値をもっと認識して
誇りにおもい、大事にしていくことが
重要であるといえるでしょう。
皇室の流れを絶たないように宮家のあり方を
含めて皇室典範を過去の皇室の歩みや宮家を
守ってきた方法を参考に改善して、
より積極的な皇室外交を行っていけるようにし
世界の王室との関係をより友好的で密接な
ものとすることで、日本のことをより多くの
海外の皆さんに知ってもらうことが
日本にとっても大切なことであるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック