2011年06月30日

ハーフタイムデー・・・集団疎開の日

 もう、今年も半分になってしまったということです。
ゆえに、ハーフタイムデー、
上半期、日本は、東日本大震災という大きな衝撃を受けました。
下半期、どのようになっていくのか、
いろいろと、変化していくことになることでしょう。
神の采配の結果を、見つめていくことになるということでしょうか。
 1944年6月30日、日本では、閣議決定により、
都市の学童を地方へ集団疎開されることを決定しました。
ゆえに、集団疎開の日だそうです。
福島の原発近隣の学校の生徒も、実質的には、
集団疎開しているような状況ですね。
おそらく、戻ることなく卒業を迎える生徒が
数多く出ることになるでしょう。
 原発事故のリスクの大きさを、しっかりと再認識して
日本政府も国民も、今後の行くべき道を考える必要があるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:56| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック