2011年07月26日

ゆーれい・・・・にっこう・・・・ぼつだむ・・・・

 7月26日は、昭和20年に、ボツダム宣言が発表された日であり
日本に連合軍の主要国が、無条件降伏を迫った日ということで
あったりするわけです。
 820年には、弘法大師が、日光山を命名したと
伝えられているようで、日光の日でもあるようです。
栃木の観光は、震災の影響で風評被害などもあって、
今年は厳しい状況であるようですが、
早急に、復帰していって欲しいなとおもいます。
 1825年に、江戸の中村座で、東海道四谷怪談が
初演されたということで、
四谷怪談といえば、ユーレイのお話ということもあってか
ユーレイの日とされているようです。
初演は、2日間にわたるものであったそうですね。
「実」と「虚」、「光」と「影」という、対比が、
演出のポイントであったとか。
 夏といえば、なぜか怪談ということにもなってます。
お盆ということもあるからなのかもしれません。
日本三大怪談のひとつが、「東海道四谷怪談」。
残りの2つは、「番町皿屋敷」、「牡丹灯籠」と
いうことです。
 日本人は、自然と共に生きるなかで、
自然のなかのスピリチュアルな存在、フェアリーや
エンティティなどと、密接な関係をもちながら、
生きてきた民族であるともいえるのではないでしょうか。
そんな影響が、文化のなかにも垣間見えるような気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:14| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック