2011年08月24日

自然の猛威

 8月24日は、西暦79年に、イタリアのヴェスビアス火山が噴火して
ひとつの町を、いっきに埋没させてしまった日だそうです。
町の名は、ポンペイ。
1748年に発見されて、当時の姿が、そのままに保存されたかたちで
埋没していたことがわかり、火山噴火の凄さを
今に伝える証拠となっているということです。
 町が消えてしまう、それほどの力が自然にはあるということです。
今年、日本を襲った、東日本大震災も、
まさに自然の力の凄さを、みせつけたものになったといえるでしょう。
人の考えの及ばない力を、自然はもっているということですね。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:04| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック