2011年09月27日

P.A.WORKS 10周年記念オリジナルアニメ「花咲くいろは」


 深夜アニメ枠での放送でしたが、
子どもたちにも観て欲しい素敵な作品
しかも、オリジナルアニメ。

 花咲くいろは

最終話の放送が終わりました。

地方に拠点をおくアニメスタジオが、
地方の魅力を、地方とコラボレーションして描いた作品
親子三代の物語でもあり、
少女たちの成長の物語でもあり、
旅館という商いの物語でもある。
そんなお話でした。
全26話というのも最近は1クールだけのケースが多いなか
良いなと思った部分です。
物語の最後を飾るぼんぼり祭り、
10月9日(日)に“湯涌ぼんぼり祭り”として
ロケ地にて開催されます。
すでに参加募集は終了していますが、
参加者の皆さんはきっと愉しまれることでしょう。

 この作品から、ネットなどで流行語になった言葉も
いくつかありますね。

”ほびろん”、”ぼんぼる”、・・・

旅館とはなにか、その心が、祖母から孫娘に、
しっかりと伝えられていった姿に、
日本の老舗文化のもつ力と魅力とが感じられます。

この物語では、なぜか父が登場しません。
祖父は既に亡く、父親も既に亡く、登場しません。
祖母と母の親子、母と娘の親子、女系2代の親子の
絆について描かれるなかで、
ヒロインが成長していきます。
友情、恋、といった青春の話しのなかに、
仕事というものが何なのか、働くことと、
夢についても、描いているところが、
物語に深みと彩りを与えているのかなと思いました。

夢を花開かせるために、また新たな一歩を歩み出す緒花たち
そんなエンディングに至るまでのお話は、
きっと観る人の心に、何か素敵なものをもたらして
くれるようにおもいます。


「湯涌温泉観光協会」
http://www.yuwaku.gr.jp/

「花いろ」×「鉄道むすめ」コラボ企画

「のと鉄道」
http://www.incl.ne.jp/ntr/

のと鉄道「花咲くいろは」車内アナウンス車両運行時刻のお知らせ
http://www.hanasakuiroha.jp/notoann.html

ニコニコ動画・花咲くいろは
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch60008

花咲くいろは・公式WEB
http://www.hanasakuiroha.jp/

花咲くいろは・公式ブログ
http://hanasakuiroha.seesaa.net/

「ガンガンJOKER」
http://www.square-enix.com/
jp/magazine/joker/









posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:23| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック