2011年10月24日

霜降

 秋が一段を深まり霜が降りることが多くなって
冬の近づきを感じるようになり、
木枯らしが吹き初めて、楓が紅の衣に着飾っていく
そんな季節に暦の上ではなりました。
24節気のひとつ、霜降です。
 今年は、地震、台風、集中豪雨と、自然の猛威が
人の力の限界をあらためて感じさせてくれてる
そんな年になっているようです。
秋から冬に向かっていくなかで、
寒波への危惧もあるような気がします。

 今年は、経済界、産業界が、
これまでの効率重視の経営のもっている
リスクを痛感させれた年になっています。
経済性優先、コスト削減、経費削減、利益重視、
そんな経営の行き着く先に、訪れた災害での
リスク、企業のもっている役割のなかで、
何か大切なものを切り落とし削ぎ落としていった
結果として、失ってきたものがあったことを
自然が知らしめてくれたのかもしれませんね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:04| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック