2011年10月26日

原子力の日

 10月26日は、原子力の日だそうです。
昭和39年に制定された日ということであり、
日本の原子力政策の歴史を示すもののひとつと
いえるのかもしれません。
 昭和38年に、茨城県東海村の日本原子力研究所の
動力試験炉(JPDR)で、日本初の原子力発電に成功したことに
ちなんだものだそうです。
それから現在に至るまでに、
日本国内には、数多くの原子力発電所が建設されて
きたわけです。
 しかし、震災によって、これまで無関心であった
人々が、原子力発電に関心をもつようになり、
エネルギー政策にも関心をもってくれるように
なったわけです。
もし、震災が無ければ、もっと国内に原子力発電所は
増えていったことでしょう。
まだまだ未熟な原子力発電の技術、
しかも、莫大なコストがかかっていて、
その費用は税金からも多く支出されているわけで
総コストを廃棄物処理まで含めたら
もっとも効率の悪い発電であることに
もっと目を向けていくべきであったのですが、
これまで、そんなことには無関心だった国民も
ようやく目が覚めたといった感じではないでしょうか。
基本となる大電力は水力と火力を中心にして
家庭や小規模の電力は、自然エネルギーや
リサイクルエネルギーを活用した地産地消で
維持していくような電力の生産と供給全体を
見直していくべきチャンスであるといえるでしょう。
国民は、投票権をしっかりと考えた上で
行使して欲しいなとおもいます。
そして、単にコスト面だけではなく、
産業や安全など、未来を見据えた上で、
利用するもの購入するものを選択していくといった
価値への目をもって生活していくことが
出来るようになっていって欲しいなと感じます。

 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:04| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック