2011年10月27日

「ひとを探す、コンテンツに出会う」〜Creative MarketTokyo(CMT)開催

さて、東京国際映画祭が開幕しているなか、
Creative Market Tokyo(CMT)も、いよいよ開幕になります。
コンテンツビジネスに関する経営相談コーナーを
私も参加しているコンテンツビジネス研究会でも行うことに
なっています。
当日でも受け付けていますので、
もし、コンテンツビジネスに関して何か相談したいことが
あるようでしたら、会場で、経営相談コーナーを
たずねてみて下さい。無料で相談を伺っています。

さて、開催中のコ・フェスタ、
期間中、どうしても複数の催しが重なってしまいます。
主管官庁の横連携があまりうまくとれていないことも
あるのかもしれません。
個人的には、どちらか片方にしか参加できなくなって
しまい残念であるように感じています。

さて、コ・フェスタですが、
ここで、もう一度、その主催概要と目的について
大会が紹介している内容を再確認してみましょう。

----------->>>>>>

コ・フェスタ( JAPAN国際コンテンツフェスティバル )
CoFesta( JAPAN INTERNATIONAL CONTENTS FESTIVAL )
http://www.cofesta.jp/2011/en/

主催:コ・フェスタ実行委員会
http://www.cofesta.jp/2011/jp/whats/committee.html

コ・フェスタ( JAPAN国際コンテンツフェスティバル )とは、
日本が誇るゲーム、アニメ、マンガ、キャラクター、
放送、音楽、映画といった
コンテンツ産業および
ファッション、デザイン等コンテンツと親和性の高い産業に
関わる各種イベントが連携して開催する
世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバルです。

日本発のあらゆるコンテンツが相互に影響しあいながら連携し、
その発信・伝達のためのメディア技術産業とも連携しつつ
あらたな可能性を創造し、広く海外にアピールしていく
世界最大のコンテンツフェスティバルを目指します。

目的
・日本の各分野におけるコンテンツが相互に連携して
世界に向けて発信し、世界中のコンテンツ関係者が
一度に日本の数多くのコンテンツに触れる機会を提供すること。
・アジアを中心にした世界のコンテンツやコンテンツ関係者の
新たな交流の場とし、国際共同製作や国際ビジネスの
交流に結び付けていくこと。

--------------<<<<<<

といった感じとなっています。
日本の文化的な面と産業とを、国際的にも発展させていく
そんなアプローチでもあるわけです。
また、情報化の進む社会にあって、コンテンツのもつ
価値は、増加していることは間違いありません。
その魅力をどう活かしていくのかは、
産業の活性化だけでなく、地域活性化や教育といった
面においても重要なものとなっているといえるでしょう。

さて、今日から開催されるクリエイティブマーケット東京ですが
名前は変わったりしてきましたが、
これまでも毎年開催されてきたコンテンツビジネスのなかで
重要なクリエイターのみなさんの発掘、そして、ビジネスとして
成功するために、支援すべき機会として注目されているものです。
コンテンツビジネスの関心のある方は、
ぜひ訪れてみては如何でしょうか。


Creative Market Tokyo(CMT)とは、
「ひとを探す、コンテンツに出会う」をテーマにした、
オールジャンルのコンテンツ制作者の"ビジネス登竜門"であり、
販路の確保や製作資金の調達を支援するビジネスマッチング見本市です。
     〜 CMT2011ホームページより

今年は、六本木ヒルズで開催される
アジア最大級のエンタテインメントフォーラム
「UNIJAPAN ENTERTAINMENT FORUM(UEF)」と連携して、
セミナーなども開催されることになっています。
http://www.cmtokyo.jp/2011/event.html


CMTスキルアップセミナー
マンガ・アニメビジネス最前線 〜異業種との新たな市場創造〜
開催日時 10月27日(木)13:00〜14:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
モデレーター 竹内 宏彰
(株式会社ブルズ・アイ 取締役/京都造形芸術大学・金沢工業大学 客員教授)
登壇者 伊能 昭夫
(株式会社集英社 第3編集部 Vジャンプ編集部 編集長 兼 最強ジャンプ編集部 編集長)
事前登録 http://www.unijapan.org/entertainment-forum/27/40f3.html

CMTスキルアップセミナー
『こびとづかん』にみる創造コンセプトのつくり方
開催日時 10月27日(木)15:00〜16:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
モデレーター 陸川 和男
(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)
登壇者 国領 一樹
(株式会社ビルドー 代表取締役)
事前登録 http://www.unijapan.org/entertainment-forum/27/40f4.html

CMTスキルアップセミナー
成功する地域コンテンツ産業育成のポイント
開催日時 10月28日(金)13:00〜14:30
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
モデレーター 藤井 雅俊
(Creative Market Tokyo 2011審査員長)
登壇者 井上 俊彦
(一般社団法人札幌・北海道コンテンツ戦略機構 理事長)
杉浦 幹男
(財団法人沖縄県産業振興公社 産業振興部 ハンズオンマネージャー)
澤 卓志
(福岡コンテンツ産業振興会議)
事前登録 http://www.unijapan.org/entertainment-forum/28/40f6.html


CMT2011プロフェッショナル・プレゼンテーション
開催日時 10月27日(木)16:30〜19:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
プレゼンテーション企業
 株式会社アイディール
 株式会社エイデック
 株式会社勝鬨スタジオ
 キングラン株式会社
 株式会社グリーンキャメル
 株式会社コスモマーチャンダイズィング
 株式会社スタジオ・オカノーション
 株式会社スタジオフェイク
 株式会社日本ホールマーク
 株式会社マインドワークス・エンタテインメント

審査員
 小川 正修(株式会社キデイランド 商品部 購買課 バイヤー/課長)
 小野尾 勝彦(株式会社タカラトミーアーツ ガチャ・キャンディ事業本部 コンテンツ企画部 部長)
 黒木 博(株式会社バンダイ メディア部 ライツビジネスチーム マネージャー)
 酒井 利夫(株式会社キューブ 代表取締役)
 柴田 郁夫(株式会社ベネリック 代表取締役副社長)
 ジェシー・ソレイ(MASSIVERSE LLC CEO/米国)
 殿塚 郁夫(株式会社主婦と生活社 編集第1部 『ねーねー』編集長)
 朴 宗福(SSAK C&M Co.,Ltd. CEO/韓国)

事前登録 不要 どなたでもご自由にご覧いただけます。
協力 株式会社キャラクター・データバンク

Creative Connection Tokyo研究会 発表会
開催日時 10月28日(金)15:00〜17:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
第一部 トイブック研究会 中間発表
 登壇者:川口洋司(一般社団法人日本オンラインゲーム協会事務局長)
第二部 新産業・サービス創出研究会
 登壇者:荻野健一(メディアプロデューサー/デジタルハリウッド大学院教授)
第三部 地域コンテンツ活性化研究会
「パネルディスカッション:
 地域コンテンツの他地域への波及方法
 〜超神ネイガーと新潟美少女図鑑の事例から」
 ナビゲーター:吉田就彦(デジタルハリウッド大学大学院教授)
 パネラー:海老名保(超神ネイガープロデューサー)
      近藤大輔(新潟美少女図鑑プロデューサー)
事前登録 不要
 どなたでもご自由にご覧いただけます。当日、直接会場までお越しください。
協力 Creative Connection Tokyo
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック