2011年11月04日

ホリスティック医学シンポジウム2011〜未来につなぐいのち

 健康について、震災による影響もあって、
より注目を浴びるようになっている気がします。
放射能に対する過敏症ともいえる反応は、物理的な影響よりも
精神的な影響の方が、より大きなものになっているのでは
ないでしょうか。
特に子どもたちは、周囲の大人の感情やストレスの影響を
大きく受けていることでしょう。
放射能への恐怖や震災の恐怖は、放射能被曝のリスクより
大きな影響を子どもたちにあたえていることでしょう。
その影響に無関心な親も多いのではないでしょうか。
放射能を気にするあまりに、もっと大事なものを見失っている
その結果がもたらすものは、放射能リスクよりも
大きなことになる可能性が高いだけに残念でなりません。
放射能についても、内部被曝や外部被曝を受けたらどうするのかに
ついては殆どなにもなされていないようにおもいます。
被曝しないことを考えるよりも、被曝してしまったことに
対するケアの方が重要であるようにおもうのですが、
なぜかそのことについて、考えてはいない大人が多いようです。
ホリスティックな視点では、まさに被曝しても健康で
いられるために何をすべきかについて、考えていたり
されています。
それは、まさに健康であるためにという視点でのアプローチであり、
ガンにならないための予防という視点でのアプローチで
あるわけです。


 生まれて、成長して、そして逝く、誰もが必ず通る道、
その人生のなかで、健康でいるために、
どんな生活をしていくのがよいのか、
心身のことだけでなく、スピリチュアル的なこと、
魂のことも含めて、人としての存在全体に関して、
考えていくことが必要であるといえるでしょう。


 ホリスティック医学では、心身だけでなく
スピリチュアル面についても、考えていくことを
重要視しています。

 健康に関心のある方、医療のあり方に関心のある方は
参加されてみてはいかがでしょうか。


------------->>>>>>>>>>>


ホリスティック医学シンポジウム2011
未来につなぐいのち ホリスティック・コスモロジー
http://www.holistic-medicine.or.jp/sympo2011.htm


日時:2011年11月13日(日) 11:00〜17:00
 ※会員総会は同会場において、10:20より行います。
 ※生活習慣病予防指導士「2単位」講座。

会場:全電通労働会館  全電通ホール
東京都千代田区神田駿河台3丁目6 TEL.03-3219-2211
(交通)JR「御茶ノ水」駅より、徒歩4分。
 千代田線「新御茶ノ水」駅より、徒歩2分


参加費
<前売り>
 協会会員および後援団体会員 3,000円
 一般  4,000円
<当日券> 一律 4,500円
(※前売りが予定数に達した場合は、当日券の販売はございません)


※当日会場には、様々なブースも出展いたします。
・書籍販売コーナー
(講師著書ほか、代替医療、自然治癒力を高めるシリーズ、病院ガイド・・・など多数)
・企業ブース
(専門書、サプリメント、天然水、デモンストレーションなど)
・東北支援ブース


プログラム
(シンポジウム総合司会: 久保田 泉)

・11:00〜12:00 講演
 「いまこそ場の文化の再生を!」
   帯津良一氏
   帯津三敬病院名誉院長、帯津三敬塾クリニック主宰。医学博士。
   日本ホリスティック医学協会会長。
   日本ホメオパシー医学会理事長。帯津良一「場」の養生塾塾頭。

・13:00〜14:20 講演
 「日本人のコスモロジーとカオス志向」
   山折哲雄氏
   哲学者・宗教学者。国際日本文化研究センター名誉教授。

・14:35〜15:50 映画上映
 「ホピの予言」 未来へのメッセージ 
(取材・ドキュメンタリー映画作品  監督=宮田 雪)

・16:00〜17:00 パネルトーク
 「未来につなぐいのち」
  山折哲雄 & 帯津良一
 【司会進行】岸原千雅子(日本ホリスティック医学協会事務局長)


-----------<<<<<<<<<<<<

 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。