2012年08月10日

暑い夏、電力は・・・・

本当に足りていたのかの議論は不毛な気がしています。
結局、今年も原発は稼働している状態であり、
稼動しなかったらどうなったのかは推定以上のものは
何もなく、不足したともいえるし、十分足りたとも
いえるという状況でしかありません。
結局、明確にいえる事実は、ひとつだけ、
原発が2基稼動していれば電力需給は間に合う。
ということでしかないという事でしょう。
不足予想が過大だったという記事は、
データをそのように見えるようにまとめている
だけでしかなく、昨年も原発は稼働していたという
事実や揚水発電のための電力消費についての考慮も
あまりなされていません。
おそらく、同様のデータで、やはり原発を稼動
しなければ不足したというまとめも可能でしょう。
つまり、その程度のものでしかないということです。
再稼働の議論よりも、脱原発を進めるためには
重要な議論がもっとあると感じます。
燃料の購入規制や、廃棄物処理、廃炉の扱いなど
エネルギー政策を含めて、明確にしていくべき
課題は多くあり、そちらでの主張をもっと
していかなければ、脱原発はかけ声だけで終わって
しまう気がしています。

2012年8/10関西電力の需給
http://www.kepco.co.jp/pressre/2012/__icsFiles/afieldfile/2012/08/10/0810_3j_01.pdf
2011年夏関西電力の需給
http://www.kepco.co.jp/pressre/2011/pdf/0913_2j_01.pdf
関電平成23年8月分の営業概況
http://www.kepco.co.jp/pressre/2011/0922-3j.html
関電平成23年7月分の営業概況
http://www.kepco.co.jp/pressre/2011/0826-1j.html
関電「電力不足予測過大だった」 大飯3・4号機の3倍増
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2012/08/11/post_8955.php

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック