2012年08月15日

食事(ごはん)にしますか?食餌(えさ)にしますか?

食事(ごはん)にしますか?食餌(えさ)にしますか?
〜「食」は選択できる唯一の環境である〜
ホリスティック・セルフケア講座(栄養・排泄編)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
第一部講演
---------------------------------------------------
食事(ごはん)にしますか?食餌(えさ)にしますか?
〜「食」は選択できる唯一の環境である〜
---------------------------------------------------
講師: 南 清貴氏

「食」という字は、人が良くなる、と書きます。
私たちにとって、食べるということ、食事をするということは
それくらい重要で、すばらしいことなのだという根本を理解し、
賛同していただけたらと思っています。

<現代の食事情と現代病の関係>
現代の食事情と基本的なからだのシステムを考察し食べることで
からだを壊していく現代人の食生活のあり方を追求する。

<何を食べるのか>
安さにまどわされた危険な食が溢れる現代社会の中で、何を選んで、
何を食べればいいのか。

<オプティマル・ヒューマン・ダイエットとナチュラルエイジング>
南氏が唱える食事のシステムについて

<選ぶことで得られる理想の自分>

■南 清貴 プロフィール
 フードプロデューサー、国際食学協会名誉理事長
 舞台演出の勉強の一環として整体をきっかけに、からだと食の関係の
 重要性に気付き、栄養学を学ぶ。
 1995年、渋谷区代々木上原にレストラン「キヨズキッチン」を開業。
 最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは
 一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、業界やマスコミから
 も注目を浴びる。現在は「ナチュラルエイジング」というキーワードを
 打ち立て、全国のレストランなどの業態開発、企業内社員食堂やクリニック、
 ホテル、スパなどのメニュー開発に力を注ぐ。
「究極の食」「真っ当な野菜、危ない野菜」など著書多数。

第二部 トークセッション&質疑応答交流会

南 清貴 (フードプロデューサー)
降矢英成 (赤坂溜池クリニック院長)
山本百合子(山本記念病院理事長)

_________________________
●日時:2012年9月9日(日)13:30〜16:45
●参加費:会員 2,500円/一般 3,500円(ペア申込み5,000円)
●会場: アリアル五反田駅前会議室
 (東京都品川区西五反田1-2-9)
●申込み:名前・住所・電話番号・会員or一般かの種別を
ご記入の上メール ho-kanto@tg.rim.or.jp
又は FAX 03-5572-8219 でお申し込みください。
申込締切り: 8月31日(金)

振込先:「受付受理」のメールが到着次第、
以下の銀行口座にお振込み下さい。
三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通預金 0057567
口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティック医学協会

主催:NPO法人日本ホリスティック医学協会
   関東フォーラム委員会
★詳細はこちら
http://www.holistic-medicine.or.jp/selfcare_2012_9_9.pdf
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック