2013年11月10日

正しいとは?

正しいとは何か?

講話「私は今、正しく生きているか?」浅川勇男先生からのお話拝聴して、まとめメモ


自らが正しいと主張するもの同士が、争い、戦争となっています。
自分が悪いと思う人は相手を打つことはありません。お互いに自分の否を認めたなら争
うこともなく戦争にもなりません。
正しさには、愛がなければならないのです。愛のない正しさは剣になってしまいます。

「私は今、正しく生きているか?」
それを、確かめる為の方法は?

誰もが持っている先生にたずねてみるとよいでしょう。

誰もが持っている先生とは、
「良心」です。
善く生きる為には、自分の良心にたずねてみることです。
「私は今、正しく生きているか?」
そうたずねて、良心が悲しみ、良心が苦しんでいたのなら、その時にしていたことはや
めるべきでしょう。
良心の答えを聴くためには、心を磨き、私と私の心だけが対面する時間を持つことが必
要になります。
そのような場が、祈りの場であり、瞑想の場であります。
そして、写経や書写もまた、善き言葉を書き写す中で、その言葉からのパワーを受け取
りながら、自分自身の内面を見つめ直していく時間を過ごすことだと言えるでしょう。

良心に恥じることない行動、生き方をしていたなら、神の恵みも届くことでしょう。
良心に恥じる行動、生き方をしていたなら、悪魔が近寄り、神の恵みを受け取ることが
出来なくなるでしょう。
善く生きるために、正しく生きていくために、常日ごろから自分自身の良心に問いかけ
てみることが大切です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック