2013年11月14日

生まれてきたのは何のため?

生まれてきたのは何のため?

生まれてきたのは楽しむため。
生まれてきたのは修行するため。

どちらも、目的ではなく手段です。

生まれてきたのは成長するためなのです。
神様は、子どもである人に成長して欲しいと願っていらっしゃるのです。そのために必要なものを与えて下さいます。
そして、人は成長するために、修行するのであり、楽しむのです。

与えられた人生を、精一杯生きていくなかで、人は成長していきます。
成長の妨げになることは、必要のないものであるということです。
神は、その人の成長に必要ないものを排除することもあります。
成長していくために必要なものは、その人により異なるでしょう。また、必ずしもその人が喜ぶものとは限らないでしょう。子供が学び成長するためにに必要な本を親が買い
与えても勉強が嫌いな子供が喜ばないのと同じです。本当に子供のために必要なものを親は考えて与えるものなのです。神が人に与えるものは、人にとっては必要なもので
あっても、与えられた人から見たら嬉しいものとは限らないということです。
人生を歩んでいくなかで、神は成長するために必要なものを用意して下さいます。それを素直にとらえて神の願いに応えていくことが親である神を喜ばせることになるでしょ
う。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック