2014年01月04日

キャリアを考える自分軸の作り方

5年後のキャリアを考える自分軸の作り方
http://japan.zdnet.com/cio/sp_13workshift/35041800/

(抜粋)

「未来におびえるのは5年後までにする」
「5年後の社会を予想し、3年後の自分のキャリアパスを決める。そして年単位で微調整する。」

「働き方の目的と地図を作る」
「具体的なキャリアパスを検討する。」

「メンターを見つける」
「メンターの行動をコンパスにするといい。」

「労働に求める価値を明確にする」
「自分の価値観と合う企業選び。」

「価値観でつながるパートナーを作る」
「利害関係に縛られない、価値観を共にするパートナー、またはコミュニティに参加するといい。」
「もし、幸いにも価値観を共有し生涯を共にする伴侶に恵まれ、家庭を築くことができたならば、あ
なたが辛い日々を送っていたとしても家族が支えになってくれるだろう。」

「百見は一動に如かず」
「漢書の「趙充国伝」に記された「充国曰、百聞不如一見、兵難ヶ度、臣願馳至金城、図上方略」と
いう一文。」
「自分の考えたキャリアパスに向けて、何か1つでも一歩足を前に進める。」
「「一年の計は元旦にあり」という言葉がある。ささやかな第一歩として来年の自分軸を作ってみて
はいかかだろうか。」

「社名より得られる経験」
「今までの企業選び 社名×待遇×ポスト=社内でしか通用しない」
「これからの企業選び 経験×スケール×難易度=業界内で通用する」
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック