2014年01月11日

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ ―終わりなき旅―』

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ ―終わりなき旅―』

完成披露試写会丸の内TOEIにて観賞しました。プロデューサー、監督、吉永小百合、吉岡秀隆ほかのメイン声優の皆さんの挨拶があり、本編の上映。前作はシュッタルタ
の誕生から出家までのお話で、もの足りなさもありましたが、なかなか良い感じの作品でした。今回は、出家から悟るまでを描くということで期待していたのですが、ま
あ普通の作品でした。信仰薄い初心者向けという感じで、残念ながらお釈迦様の深みは全く描けていませんでした。手塚先生のブッタは、こんな程度のものだったかなと
いう印象でしたが、一度読み直してみたいと思いました。悟りの内容の説明が浅すぎます。シナリオは、アニメ界のヒットメーカーといえる吉田玲子さんでしたが、この
分野は苦手なのかな。エンターテイメント性を重視して内容が浅くなったのかもしれません。描かれた逸話は外的に描きやすいものでもありますからね。お釈迦様の深
み、神の叡智、信仰心の大切さを想うものとしては、正直言ってもの足りなさを感じた作品でした。エンドロールをみていたら、インドの建築や文化の監修はありました
が、宗教の監修はなかったですね、そのあたりも浅くなった理由なのかもしれません。3があるとしたら、悟り後から亡くなるまでを描くことになるのですが、さて、大丈
夫かなという感じでもありますね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック