2014年01月17日

英国アカデミー(BAFTA)賞ノミネーション 2014/01

英国アカデミー(BAFTA)賞ノミネーション
作品賞
「それでも夜は明ける」
「アメリカン・ハッスル」
「キャプテン・フィリップス」
「ゼロ・グラビティ」
「あなたを抱きしめる日まで」
英国作品賞
「ゼロ・グラビティ」
「マンデラ ロング・ウォーク・トゥ・フリーダム(原題)」
「あなたを抱きしめる日まで」
「ラッシュ プライドと友情」
「ウォルト・ディズニーの約束」
「The Selfish Giant(原題)」
監督賞
スティーブ・マックイーン「それでも夜は明ける」
デビッド・O・ラッセル「アメリカン・ハッスル」
ポール・グリーングラス「キャプテン・フィリップス」
アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・グラビティ」
マーティン・スコセッシ「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
主演男優賞
ブルース・ダーン「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
キウェテル・イジョフォー「それでも夜は明ける」
クリスチャン・ベール「アメリカン・ハッスル」
レオナルド・ディカプリオ「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
トム・ハンクス「キャプテン・フィリップス」
主演女優賞
エイミー・アダムス「アメリカン・ハッスル」
ケイト・ブランシェット「ブルージャスミン」
エマ・トンプソン「ウォルト・ディズニーの約束」
ジュディ・デンチ「あなたを抱きしめる日まで」
サンドラ・ブロック「ゼロ・グラビティ」
助演男優賞
バーカッド・アブディ「キャプテン・フィリップス」
ブラッドリー・クーパー「アメリカン・ハッスル」
ダニエル・ブリュール「ラッシュ プライドと友情」
マット・デイモン「恋するリベラーチェ」
マイケル・ファスベンダー「それでも夜は明ける」
助演女優賞
ジェニファー・ローレンス「アメリカン・ハッスル」
ジュリア・ロバーツ「8月の家族たち」
ルピタ・ニョンゴ「それでも夜は明ける」
オプラ・ウィンフリー「大統領の執事の涙」
サリー・ホーキンス「ブルージャスミン」
オリジナル脚本賞
エリック・ウォーレン・シンガー、デビッド・O・ラッセル「アメリカン・ハッスル」
ウッディ・アレン「ブルージャスミン」
アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン「ゼロ・グラビティ」
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
ボブ・ネルソン「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
脚色賞
ジョン・リドリー「それでも夜は明ける」
リチャード・ラグラベネーズ「恋するリベラーチェ」
ビリー・レイ「キャプテン・フィリップス」
スティーブ・クーガン、ジェフ・ポープ「あなたを抱きしめる日まで」
テレンス・ウィンター「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
外国語映画賞
「アクト・オブ・キリング」(インドネシア語ほか)
「アデル、ブルーは熱い色」(フランス語)
「The Great Beauty(英題)」(イタリア語)
「Metro Manila(原題)」(タガログ語ほか)
「少女は自転車にのって」(アラビア語)
アニメーション映画賞
「怪盗グルーのミニオン危機一発」
「アナと雪の女王」
「モンスターズ・ユニバーシティ」
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック