2014年06月25日

慰安婦問題

従軍慰安婦問題は、日本だけの問題ではないということをもっと世界に主張することが必要。
河野談話を覆さないことは、日本の反省として受け入れるとしても、
その談話が発表されるにあたって、調査した内容が虚構であった事実もしっかりと世界に伝えるべき。
もちろん、戦争中の日本軍の一部に愚かしい行動をしたものもいたことは事実であるだろう。
しかし、それは一部でしかないということも事実であり、
また同様の愚行は、中国軍、韓国軍、連合国軍でもあったということも事実である。
韓国の慰安婦問題は既に韓国政府の責任を問うべき問題であるし、
中国の慰安婦問題は中国政府の責任を問うべき問題となっているということなのだ。
それぞれの国の政府が、自己責任を回避するために、日本に責任を押し付けている行為は、戦勝国の奢りであるといえ
る。そのことをしっかりと世界に向かって主張することこそが、戦後からの脱却であるといえるだろう。

「韓国人による 恥韓論」 
http://hec.su/3M
アメリカ軍の調査報告書
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html
動画
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック