2014年07月03日

ネットビジネス

NHKで紹介されていたネットの音楽配信ビジネス
ネットを利用して、リスク回避と経費削減をした上で、
ユーザに便利さを感じさせつつ、仲介料を得るというもので
ユーザが増えれば、利益が加速する仕組みでもあります。
ネットらしい仲介ビジネスです。
特に目新しいものはありませんが、ネットのこの種のビジネスは
先行優位ですので、その利点をどこまでいかせるかでしょうか。
大手の参入もあり得るわけですからね。

アマチュアの音楽をビジネスに
http://www.nhk.or.jp/okayama-mogitate-blog/900/191870.html
(株)クレオフーガ

音源販売プラットホーム「オーディオストック」
http://audiostock.jp/
ストック型:販売価格40%-60%が報酬。※最初40%。
直接依頼:依頼金額70%相当金額が報酬。
売上の6割〜3割をマージンとして得て、残りをクリエイター支払うネット仲介ビジネス。
知財リスクはクリエイターと購入者にすべて任せて、一切のリスクを回避するという方法ですね。

音楽投稿コミュニティ「クレオフーガ」
http://creofuga.net/
http://creofuga.net/info/article
うまいですね。著作権の利用独占を図る仕組みになってます。
無料で利用するかわりに、楽曲の権利を実質的に譲渡する感じですね。
しかも、曲の著作権についての既存状況の責任は投稿者にあるものとしています。
つまり、運営サイドには知材リスク無いような規約となっていて、
しかも、投稿楽曲を独占利用で儲けることもできるというわけです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック