2014年08月23日

子供たちの夏休み、サッカー少年少女の夏の思い出のために

子供たちの夏休み、サッカー少年少女の夏の思い出のために
サッカーの街が始めた地域手作りの大会も、今年で28回目を迎えたのですね。
当初は11人制であった少年サッカーも今は8人制になりました。

無事に大会も終了。男子259、女子32、チームが参加、今年も多くの少年少女の心に夏の想いでを刻んだことと思います。

全国少年少女草サッカー大会 第28回無事終了
http://www.kusa1987.jp/pc/

<大会の理念>
未来を担う全国の少年少女のために…
1.全国どこからでも、どんなチームでも
2.勝っても負けても最終日まで
3.世界に目を
4.友情の輪を

<大会の特徴>
(1)小学生年代の選手育成に対する取組み
1.男子は5日間8ゲーム、女子は3日間5ゲームの交流試合(技術、体力、精神面での成長の場)
2.チームでの合宿を通じて、共同生活の体験や社会での約束ごとを勉強できる場
3.健康面での配慮:飲水タイム、自由な交代等
4.エキシビションゲーム(第17回大会)として8人制ゲームの実施

(2)「フェアプレー」精神の奨励
1.フェアプレー旗の掲揚と、ゲーム前後の、選手同士の握手の奨励
2.フェアプレー賞の贈呈

(3) 世界のチーム、選手との交流
1. 海外チームの大会参加(従来例:韓国、ロシア、中国、台湾、等)
2. 優勝チームの報奨(観戦、遠征等)

(4)Jリーグ観戦とプロ選手との交流
1.大会期間中、格安にてJリーグ観戦可能(日本平スタジアムでの清水エスパルス戦)
2.Jリーグ選手による会場訪問もしくはJリーグ選手との交流イベント開催

(5)指導者研鑽の場
1. 大会参加チーム指導者を対象とした公認少年少女指導者講習会の開催

(6)審判員養成の場
1.大会前、審判として参加する全高校生への4級審判講習会の実施と4級ライセンスの取得
2.大会期間中に、サッカー協会審判委員会による高校生審判員に対する現地指導

(7)地域スポーツボランティアによる大会運営
(地域スポーツクラブ作り活動の一環)
1.地域ごとのミニカップ開催
 学区をベースとしたスポーツ少年団、育成会(父母)、地域のサッカーマン(社会人、シニア選手、指導者、等)の有志が一体となった会場運営
 学校、自治会、地区体育会、地元企業等の協力と支援
2.地元少年団出身中学生の会場記録員としての運営参加(ボランティア体験)
3.市内高校生による審判員としての運営参加(審判員の育成、ボランティア体験)

<試合運営要項>
(1)試合規則
公益財団法人 日本サッカー協会規則に準ずる。
(2)試合方法
男子は16チームずつの16ミニカップ、女子は8チームずつの4ミニカップで予選を行い、予選後順位別トーナメント戦を行う。
(3)リーグ順位決定方法
[1]勝点(勝3、引分け1、負け0) [2]得失点差 [3]総得点 [4]対戦の勝敗 [5]抽選の順とする。
(4)試合時間
・20分−5分−20分とし、延長戦は行なわない。
・トーナメント戦に限りPK方式(3人)とする。
・順位別1位トーナメント戦の準決勝及び決勝戦は5分−5分の延長戦後、PK戦とする。

<競技規則>
公益財団法人 日本サッカー協会 8人制サッカー競技規則に準ずる。
但し、以下の項目は本大会規定による。
1.フィールドの長さ(タッチライン)は68m、幅(ゴールライン)は50mを原則とする。
2.ゴールは少年用ゴールとする。
3.試合球は少年用4号球を使用する。
4.審判は主審、副審2、第四の審判の4名で行う。
5.1チーム6名に満たない場合は、試合は開始しない。試合中に怪我等による人数不足により6名に満たなくなった場合には、続行できない。この場合スコアは0−5と
する。
6.選手交代の際は交代ゾーンを使用する。交代人数・回数とも制限しない。一度退いた選手がその試合中に再び出場することができる。(自由な交代)なお、フィールド
プレーヤー同士の交代は承認を必要としない。GKが関係する交代はアウトオブプレー時に主審の承認を得て行う。
7.警告は1試合2枚での退場を採用するが、累積は行なわない。また退場者がでた場合は、控え選手を補充することができる。退場者については次の1試合の出場停止と
なるが、「ミニカップ戦」と「○位トーナメント戦」をまたいだ停止処分はしない。
8.フィールドプレーヤー・GKのユニフォームは、異色を2着同背番号付で用意すること。
9.試合途中、GKがフィールドプレーヤーへポジションを変える場合、パンツ・ストッキングはそのままで、同番号のフィールド用ユニフォームを着用して出場すること
ができる。また、試合途中、フィールドプレーヤーがGKへポジションを変える場合、フィールドプレーヤーユニフォームの上にピッチ内選手のシャツと異色のビブス
(番号の有無、数字は不問)を着用して出場することができる。
10.選手は大会初日に写真を貼った登録選手証を持参し、会場で登録チェックを受ける。選手登録証を持参しない選手は試合に出場できない。
11.試合開始30分前までにメンバー表3部(本部2・相手1)を本部へ提出する。(メンバー表は大会で用意する)
12.チーム番号が若い番号のチームがグラウンドに向かい左側のベンチを使用する。テクニカルエリアに入ることができるのは大会にエントリーされた者(交代選手・代表
者・監督・コーチ)に限る。交代選手はピッチ内選手と違う色彩の服(ビブス)を着用する。
13.グリーンカード制度を導入する。
14.悪天候や災害等により、大会日程、試合開始時刻、試合時間等を変更することがある。
15.前後半中程に、原則として飲水タイムを取る。(ランニングタイムとする)
16.熱中症対策として、大会より配布された帽子の着用を可とする。

<表彰>
1位トーナメント
 [優勝チーム]  清水カップ、優勝旗、表彰状、メダル、市議会議長杯
 [準優勝チーム] 表彰状、準優勝カップ、メダル
 [三位チーム]  表彰状、三位カップ、メダル
ミニカップ
 表彰状、トロフィー
特別賞
・報奨
 男子の部・女子の部共に、上位1チームずつ優勝記念品贈呈
 男子上位4チームは12月実施の「‘14静岡市長杯第42回清水チャンピオンズカップ少年サッカー大会」の出場権を得る。
 大会三賞(敢闘賞、努力賞、グッドマナー賞)
 フェアプレー賞(キャプテン翼賞、国際ソロプチミスト清水賞)
 最優秀選手賞、優秀選手賞(メダル)
参加賞
 全チームの登録選手

<28回参加・結果>
男子チーム一覧
http://www.kusa1987.jp/entry/team_list/list/1
女子チーム一覧
http://www.kusa1987.jp/entry/team_list/list/2

男子総合順位
http://www.kusa1987.jp/common/pc/rank/1.html
女子総合順位
http://www.kusa1987.jp/common/pc/rank/2.html

来年に向けて、
また、ひとつでも順位を上げるのだと思っている少年少女たちに、良き残りの夏休みのひと時がありますように。


iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:40| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック