2015年07月21日

平和安全法制について

平和安全法制について

基本的には、この法案があっても、戦争になるわけではないことは明白だと思います。
戦争法案というレッテル貼りに踊らされるのは、無知ゆえのことだと言えるでしょう。
残念ながら、多くの知識人も、無知になっているようです。
基本的には、今まで、鍵がかかっていて、国民の命が危ないときでも
抜くことが出来なかった刀を、一定の条件下で抜くことが出来るようにしただけですね。
護身刀があっても、抜けない状態にしたままでは、何の役にも立ちません。
しっかりと考えていくべきは、抜けるようにした刀を抜かずにすむようにするために
何をしていくことが必要であるのかであるはずです。
それは、この法案とは違う議論となります。
また、集団的自衛権も、個別的自衛権も、自衛権でしかないということです。
自衛権を認めないと主張するのなら、反対もわからないではありませんが、
そうでないなら、気にする必要はないでしょう。
本当に平和を希求するのであれば、
今の日本の平和が、現実的には何によって護られてきたのかを考えるべきでしょう。
それは、憲法9条ではありません。そうあって欲しいという願望は理解できますが、
実際は、日本が戦争に巻き込まれなかったのは日米安保があったからです。
それは、海外のどの国もそうだと言うことでしょう。
残念ながら、現実の国際社会はそうであるということを認める必要があると思います。
そして、今の選択としては、日米安保を継続して維持するということが
日本の平和を維持するためのベターな選択であるということになります。
そして、その為に必要な法案が、今回の安全保障法制であり、
これは、戦争法案というよりも、平和法案というべきものだと言えるでしょう。

平和のために必要なのは、法案に反対することではないのは明白です。
自衛隊のシビリアンコントロールの強化や、外交政策における外交力の強化、
抑止力の強化であるということです。
そして、それは、国際社会における紛争や争いをどの様に無くしていく為に
日本が貢献していくための第一歩であるとも言えるでしょう。
現に、海外の評価は、日本との歴史問題(捏造)でもめている中国と韓国以外は
素晴らしいという評価になっています。
日本だけが平和であれば良いというなら、海外の歓迎を無視して反対するのもありなのかもしれません。
ただ、世界が平和であって欲しいと思うのであれば、
日本も、平和のためのリスクを担う必要があることを覚悟すべきだし、
海外から評価されることを外交においては行っていくことが必要であると言えるでしょう。

日本が鎖国して、更に強力が軍事力をもつという選択を出来ない以上は、
国際社会のなかで、バランスをとった外交と抑止力の整備をしていくしかありません。
それが、現実であり、日本の憲法では、残念ながらそれは保てません。
憲法は外交では無力であり、あくまでも国内統治のためのものでしかないことを理解すべきです。
憲法がどんな内容であるのかは、侵略者にとっては何にも意味がないことです。
侵略者は損得しか考えません。まさに共産主義の唯物的な考え方の通りです。
利己心と欲望しかない相手に、理想を語っても通じません。
残念ながら、それが今の世界の現実であるのです。
もちろん、理想は重要です。非武装中立の理想を目指すのは素晴らしいです。
しかし、理想は語っているだけでは現実にはなりません。
どのように現実へ向けて実践していくのかが重要です。
もし、理想を語れば何とかなるのであったなら、
ISにより日本人が殺されることは無かったでしょう。
また、理想は語っているだけでは何も現実にはなりません。
そして、理想が高ければ高いほど、その道のりは険しく遠いものとなります。
デモという行動は、何をすべきなのかを示す行動であるべきです。
反対するだけでは価値はあまりありません。
反対した先に、どうすれば、どうなるのかを示すべきだと思います。
安倍政権を退陣させたあと、どうなるのか何も示していませんね。
おそらく、ますます政治は混乱し、国内は悲惨なことになっていくでしょう。
それでも構わないというのであれば、その覚悟も示すべきではないのかなと思います。
そして、もし戦争に巻き込まれたしまったら、理想の実現は不可能になるのです。
戦争に巻き込まれないためには、戦争を仕掛けたら損すると思わせておく必要があるということです。
どうすれば、相手にそう思わせることが出来るのか、
現実的に、今、必要なことは何か、どうすれば現状でベターな選択となるのか、
それを考えることが、政治であり、外交であるということです。
今回の法案は、日本がおかれた現状の立場においては、ベターな選択であったと思います。
60年安保の時の政府の選択が結局は、その後の日本の平和を維持することになったという事実と同様に
半世紀後には、正しかったと評価されることになるように思います。

この法案に反対する皆さんは、はっきりと日本の姿勢として
どうすべきかもあわせて主張すべきです。
この法案に反対するということは、第二の竹島が生まれても構わないということになります。
また、自衛隊は、隣で外人が殺されてもみてみぬふりをしろと主張しているということです。
また、漁船が襲われても守るなということでもあります。
もう、そろそろ政権批判のためだけの反対をするのはやめにしましょう。
もっと、政治と国際社会について学び、本当の意味での平和の希求の為に
何をすべきなのかを考えていきましょう。
デモで主張すべき内容は、何であるべきなのか、きちんと考えてみて欲しいと思います。


平和安全法制等の整備について
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/housei_seibi.html

平和安全法制概要
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaiyou-heiwaanzenhousei.pdf

○ 平和安全法制整備法:我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律
案文
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anbun-heiwaanzenhouseiseibihou.pdf
新旧対照表
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/sinkyuu-heiwaanzenhouseiseibihou.pdf
参照条文
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/sanshoujoubun-heiwaanzenhouseiseibihou.pdf
要綱
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/youkou-heiwaanzenhouseiseibihou.pdf

○ 国際平和支援法:国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律
案文
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anbun-kokusaiheiwasienhou.pdf
参照条文
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/sanshoujoubun-kokusaiheiwasienhou.pdf
要綱
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/youkou-kokusaiheiwasienhou.pdf

国家安全保障会議及び閣議
治安出動・海上警備行動等の発令手続の迅速化等に係る決定

□我が国の領海及び内水で国際法上の無害通航に該当しない航行を行う外国軍艦への対処について
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaikokugunkantaisho.pdf

□離島等に対する武装集団による不法上陸等事案に対する政府の対処について
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/huhoujourikutaisho.pdf

□公海上で我が国の民間船舶に対し侵害行為を行う外国船舶を自衛隊の船舶等が認知した場合における当該侵害行為への対処について
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/senpakusingaikouitaisho.pdf

国家安全保障会議及び閣議
「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」決定。

□国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anpohosei.pdf

□Cabinet Decision on Development of Seamless Security Legislationto Ensure Japan’s Survival and Protect its People
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anpohosei.pdf

□「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の一問一答
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/anzenhoshouhousei.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック