2015年12月09日

映画:杉原千畝 スギハラチウネ

『杉原千畝 スギハラチウネ』
http://sugihara-chiune.jp/
配給:東宝(328)
[監督]チェリン・グラック
[出演]唐沢寿明/小雪/小日向文世
329スクリーン公開
公開初週末興行成績2位
土日2日間
動員11万8453人
興収1億4538万9600円
・第二次世界大戦時の外交官&スパイでもあった杉原の半生を描く作品。
 ドイツの危うさ、日本の敗戦を予測し、日本の為に活動していた。
 ナチスから逃れるユダヤ人に日本通過ビザを発給し続けた功績は大きい。
 外交官として、スパイとしての杉原の行動は、常に日本の未来を思ってのことであったが、
 暴走する軍部を一外交官がおされられるわけもなく
 日本は戦争へと進んでいってしまう。
 人道主義の立場から、ユダヤ人にビザを発行しつづける杉原の行為は、
 人として正しいことをすることの尊さを伝えてくれているといえるだろう。
 ユダヤと日本の関係に大きな歴史の一ページを刻んだ日本人がいたことを
 日本人であれば知っているべきであるだろうし、
 学校で上映すべきと言える作品のひとつだと言って良いと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック