2015年12月12日

幸福の七カ条 〜『水木サンの幸福論』より〜

幸福の七カ条 〜『水木サンの幸福論』より〜

第一条
成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条
しないではいられないことをし続けなさい。

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条
好きの力を信じる。

第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条
怠け者になりなさい。

第七条
目に見えない世界を信じる。


幸せになるために、何が大切なのか、
水木先生の言葉が伝えていることは、きっと、
この現世において、物質的なものに拘っても幸せにはなれませんよってことですね。
自分自身の本心の望むことを行いなさい。
好き、やらなければっという心の発露に従うことが幸せに繋がっているのです。
努力しても報われるわかではありません。
でも、好きなら努力するのもまた楽しいものです。
努力は好きだからこそ、しないではならないからこそすればよいのです。
そして、疲れたら素直に休みましょう。
無理は禁物です。時には怠けることも必要です。
目にはみえないもの、真心、精霊、神、あの世、信じることが大切なのです。
成功も栄誉もお金も、幸せになる為に必要なものではないということです。
幸せになるということは、
自分自身の本心が求めるものを得るということだと言えるでしょう。
好き、気持ち良い、嬉しい
不純な欲望からは得られないものこそが、
幸せの源泉であるということです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック