2015年12月18日

今そこにある神の存在をあなたは感じられるだろうか。〜神の世界の扉を開ける 天の扉開き〜


世界には奇跡と呼ばれる現象が多数存在している。
そして、それは歴史の中に記述されているだけではなく
今の世界においても、発生していることである。
奇跡とは何か、
実は、奇跡とは現状の科学で理解できないことでしかないと言えるだろう。
つまり、奇跡は不思議な現象ではなく、
今の科学では説明できないだけの現象でしかないと言うことなのだ。
現象としては、存在している事実であるということに過ぎない。
科学者の中において、奇跡はないと言う言葉を使うときに
2種類のタイプがあると言えるかもしれない。
ひとつは、奇跡といわれる現象そのものの存在を否定して
認識しないようにしている科学者、
ひとつは、現象そのものを肯定し、
その存在は単に今は説明できないだけに過ぎないと考える科学者、
どちらが、科学者の姿勢として正しいのかといえば
間違いなく後者であると言えるだろう。
ニュートリノを直接見た人はいないが、
その存在は間接的に観測されている。
重力や電磁波を直接見ることは出来ないが、
測定することは可能である。
科学とは、今も目に見えない存在を観測し測定して
論理的に分析し、数学を使って表現しているのである。
ならば、物質化現象として、みることの出来る現象を
認めることが出来ないなどあり得ないことだと言えるだろう。
トリックがないことも明白である環境において、
一定の条件下の中で再現する現象である以上、
その現象は、確かに存在するのである。
ビックバン以前の宇宙からビックバン後の宇宙が現れたように
何もない空間から物質が現れているだけだとも言えるだろう。
現代科学で説明不能な現象を超常現象と呼ぶのであれば、
まさに、真の超常現象がそこにあるということになる。
なぜ、この様な現象が存在しているのか、
真の科学者であれば探究心を擽られないはずがない。
その貴重な機会であることは間違いない・・・・・。

〜☆〜☆〜☆〜

「真の超常現象!物質化現象を捉えた映像!!
 科学者・研究者・超常現象否定派の方々も是非ご覧下さい。」

 神の世界の扉を開ける
 天の扉開き
 http://www.amanotobira.com/

☆第6回 天の扉開きツアー
 2016年2月25日〜2月29日
☆第7回 天の扉開きツアー
 2016年5月25日〜5月29日
http://www.amanotobira.com/#!tour/csuq

・お金と時間があるのであれば、絶対に参加すべきツアーであると断言する。
 私も何とか参加したいと思っているのだが、
 この世の蚊帳を破ることが難しく情けないことに参加できずにいる。
 自分自身が超常現象を体感できる機会があり、
 それに参加するだけの余裕と環境があるのに、
 参加しない人は可哀そうであり、非常にもったいないと言えるだろう。
 この世に生きているときに、出会える最高の機会であるのだから。

☆アメノウズメ
http://www.amanotobira.com/#!about-1/c11vf

☆ウズメに質問相談
http://www.amanotobira.com/#!about1/c198o

・紹介されているQ&Aからも、真理の一部が垣間見れる。
 現代科学の限界とこの天宙の真理の深さを知る機会がそこにある。

☆天の扉開き関連 媒体のご紹介
http://www.amanotobira.com/#!-/c18y6
☆空中で金属が物質化する驚異の洞窟「天の扉開き」の謎
https://youtu.be/P2HN2_JL4c4

・超常現象としてメディアでも紹介されている。
 しかし、実際に自分で体験することの可能は超常現象は
 非常に稀であると言えるだろう。

☆論文「物質化現象 無から有は生じる」 著スワミ
http://media.wix.com/ugd/609c95_23db0acd0762469a96a9281635176713.pdf

・この現象は、今の科学では説明できない。
 科学は現象の確認と分析、解析の積み上げにより、
 数式によりそのメカニズムを記述することで
 現象の記述と再現性の実験を行い検証するという方法で
 発展してきた、しかし、この現象は事実として存在し、
 再現性も確実にあるにも関わらず、
 そのメカニズムを現状における数学や科学で記述することが
 出来ていない。
 それは、まさにビックバン以後しか解明できていない現代科学の
 限界を超えた世界であるからなのだと言えるだろう。
 いつの日にか、この現象を科学的に記述説明出来る日がくるのか、
 それはまさに神のみぞ知るといったことなのかもしれない。

☆天の扉開き
http://amanotobira.pw/feed/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック