2016年01月12日

人材不足になる理由のひとつは人材潰しにあり

人材不足になる理由のひとつは人材潰しにあり

企業で人材が不足している、なかなか育たないという言葉が
管理職から出ているケースの中には、
人材を育成するのではなく潰しているケースがあります。
新人の育成、中堅の育成、管理職の育成
それぞれに異なるアプローチであるわけですが、
その違いを認識出来ていない
OJTで上司にあたり社員が、部下の育成にあたっての
接し方に関するレクチャーを受けたこともなく
言葉使いや言葉のかけ方、指摘すべきタイミングや環境など
注意すべきポイントを知らないで、
やる気を引き出すのではなく、自信を喪失させて
畏縮させてしまっていることに気付いていないケースが
多々あるようです。
上司の側で、その様な意識がない場合の多くが、
自分は出来た、自分はそうだったという自己経験を基準にして
それだけで部下に対応している場合であると言えるようですね。
自分が出来たからといって、他人が出来るわけでもなく、
自分はそう育てられたからといって、
他人もそう育てれば同じように成長できるわけではないという
事実を認識出来ていないということなわけです。
なぜ、それが認識出来ていないのかというと、
無知である場合が多いのではないかと感じます。
しかし、自分が無知であるとは認識出来ていないということです。
そして、得てして、他人の忠言を無視するようなことが多かったりします。
つまり、何を言っているのだという感じにしか思えないわけです。
自分に自信がありすぎて、それが傲慢になっていることに
気が付けないでいるわけです。
この場合、なかなか改善するのが難しかったりします。
立場が上になればなるほど、謙虚さが重要になっていくと言われるのは
まさに、この様な状況に陥らないためであると言えるでしょう。
テクニック的な面での改善についても
結局は、その部分を学ぶことが必要だと感じられなければ
学ぶことはないわけです。
よく聞かれる言葉として、忙しいから、
それは重要ではないと思うから、
そんなことをしなくても大丈夫だから、
といった発言があります。
そんな言葉を口にしていたら、傲慢になっていることに
気付いていないのかもしれません。
聞く耳を持たない人には、どんなに善い言葉であっても
価値は無くなってしまいます。
コンサルタントは、そういった経営者や管理職の皆さんに対して
どうやれば、気付きを与えることが出来るのかを
学んでおくことが必要であると言えるでしょう。
そして、その方法は、相手を見て選択することが求められます。
出来るだけ多様なアプローチを知り、
テクニックを身につけておくことが役に立つのは、
相手をする顧客が、多様であるからなのです。
そして、相手を誘導するためには、心理学的な手法も必要となってきます。
マネジメントやマーケッティングなどの手法には、
心理学的なアプローチが多く含まれています。
それは、人の心を導くことが、多くの場合必要となるからであり、
人の心が導けなければ、成功へと導くことも出来ないからです。
チームビルディングにおいて、性格や適正などを見ることで、
より力を発揮できるチームとすることが出来るのは、
やはり、人と人との関係性における相性の良さが、
より容易にプラスのパワーを出しやすいからなわけです。
偶然に頼るよりも、高い確率でチーム力を引き出せることが
統計的に実証されているということでもあったりします。
人手不足や、人材が育たないのは、
まさに、適材適所やその人の力を引き出すマネジメントが
出来ていないためであることが多いということなのです。
そして、残念なことに、その事実に気付けない人が
経営者や管理職に存在しているということであったりするわけです。
その様な状況を把握して、どの様にしていくことが
ベストのアプローチとなるのかを見極めることが、
コンサルにあたってのポイントのひとつであると言えるでしょう。
よきコンサルとの出会いとは、
コンサルの有能さや経験以外に、相性という点もあるのが
実際の現場における実情であったりします。
それ故に、良き出会いを逃さないということが
経営者の才覚のひとつでもあると言えるのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック