2016年01月28日

言葉の持つ背景の価値観の違い・・・

こんなコピーをみました。
「13歳で結婚
 14歳で出産
 恋はまだ知らない」
これを女性の不幸だ
とする内容でした。
でも、
本当にそうなのでしょうか?
これで、幸せな女性も
この世にはいるのでは
ないでしょうか。
恋って、人生において
本当に必要ですか、
愛があれば
十分ではないですか。
ユダヤ教では
13歳で成人とされるそうです。
成人して、結婚して、
家庭を持つこと、
そこに幸福があることが
おかしいでしょうか。
女性を救うのだと叫びながら、
実際には自己満足な価値観を
押しつけているだけでに
なっていないのでしょうか。
私は、このコピーに、
次のように
言葉を添えたいと思います。
「13歳で結婚
 14歳で出産
 恋はまだ知らない
 でも、愛は知っている
 愛の中で幸せに生きている
 この瞬間を神に感謝します」
こう言える女性は、
素敵ではないですか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック