2016年01月28日

ユダヤ人の家庭教育と伝統

ユダヤ人の家庭教育と伝統


・ユダヤ人からは、歴史に名を残す多くの人物を輩出してきました。
その理由の一つは、間違いなく家庭教育にあると言えるでしょう。
その内容、基礎概念に触れる学びの場がありました。
やはり、信仰に基づいた家庭と教育、安息日、といったところに、
ユダヤ人の優れた部分の根源があると言えるのでしょう。
食文化においてもコーシャというものがあります。
日本でも、ハラルと同様に配慮していくことが
良いおもてなしとなるのかなっと思います。


◎家庭は、聖殿である。
清潔であれ、対話の場、生活の根拠地
・3歳 文学や読み書きを習う
・4歳 モーセ五書の暗唱が始まる
・5歳 預言書と聖文学、タルムードを学び始める
・12歳 この頃、モーセ五書は殆ど暗記している
・13歳 成人式 ユダヤ教の基礎をマスターしている
・後代に何よりも、神様のみ言が最も大きな資産になる。

◎子女の概念
・子女は神様がくれたプレゼント
・子供の根本的な所有権は神様にある。
・子供は、神様の遺産相続者である。
・子供の出産はみ言を授かった者の繁殖
・結婚の目的をその家族の繁栄と扶養においた。
・男性と女性の役割を、男性は家系を継ぐこと、女性は家系を継ぐのに助けを与える、と定めた。

◎親の義務
・子供の教育
・後代にみ言を授かった者がずっと代を受け継ぐ
・子供にみ言を教える

◎み言
・毎日祈る時に読むお祈りの本に書かれているみ言への姿勢
・声を出して覚える時には怖くて震える心で覚える
・み言の命令を遂行するという覚悟で覚える
・子供が生まれて初めて接する教育がみ言の単語
・最後に死んでいく時に家族の前で遺言のようにお願いするのもみ言
・母は、子供が寝る前、み言を覚えるようにする。
・生涯、人生の目的が、子供にみ言を教えることと言っても過言ではない
・み言は神の祝福の言葉
・朝と夕方に子供たちにみ言を教育
・心をつくし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛さなければならない

◎教育場所
・教育の中心は家庭
・家庭、学校、社会の三つの教育のバランス良く
・整理された正しい家庭の概念
・聖殿としての家庭
・食卓は祭壇の象徴
・安息日は喜びの日、家族で会堂にいき、食卓を囲み安息日の食事をする
・安息日を家庭で徹底的に守る
・家長は家族全員に模範となるように肯定的な人生を生きる、
 私たちを守っている全能の神様がいることを家族に周知し、未来に対して希望を持つ
・食事の時間に家族で話をしながら一日の信仰を点検する
・親は子供たちの話を拒まず詳しく聞く
・柔らかい愛で子供たちを養育する
・子供たちにとって理想の家庭を見せる。
・子供たちが信仰を強要するのではなく自ら持つように教育する

◎家庭
・家庭を大切にし、全ての生活拠点地に家庭を使用する
・ユダヤ人は一つだという共同体概念がある
・ユダヤ人がいるところには笑いがある
・ユーモアを通じて世の中を明るくすると信じている
・子供の教育に妨害となる異邦人は絶対に入れない
・同じ価値観を持っている聖徒の子供同士で交際させる道が最上の方法
・宗教的な環境
・安息日を無理に守るのではなく、子供たちと一緒に楽しく過ごそうとする多様な教育内容

◎ユダヤ人が安息日を守ったのではなく、安息日がユダヤ人を守った。
そう言える強く深い信仰が、ユダヤ人の成功、家庭を築いてきたと言える。




iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。