2016年02月08日

自由と平等の罠、そして、リーダーを選ぶ基準とは・・・

親殺し、子殺し、無差別殺人、
そんなニュースが多く流れているような
最近の時世ですが、
メディアが、そんな話題ばかり扱っているという
ことも要因のひとつではあるものの
自殺者の増大を含め、
なぜか、殺伐とした事件が多くなってきているような
雰囲気があります。
虐めが殺人になってしまったり、
利己心か自己欲望ばかりを優先して、
他人のことを考えていないような人が、
増えてきているのかもしれません。
なぜ、日本はそんな社会になってきたのでしょう。
そんな傾向が増加してきたのは、
おそらく、間違いなく、西欧化推進と
西欧崇拝という流れの末であるように感じられます。
その様な流れの中で、東洋的な価値観や
日本的な価値観が、失われていった結果が、
経済的には繁栄していったのかもしれませんが
精神的には社会の劣化が進んでいったのでは
ないでしょうか。

そして、その根源にあるものは、実は、
自由と平等という一見すると素晴らしいと
感じさせられる甘言の裏に潜んでいたりするのです。
そして、自由と平等こそが、
人の成長を拒むサタンの仕掛けたもので
あったりするということを多くの人が気付いていません。

イエス様も、お釈迦様も、
聖者と言われる方々は、
自由と平等を強く語ったことはありません。
それよりも大切なことがあるからです。
自由と平等というものは、
優先度の高いものではないということなのです。
そして、自由も平等も、無条件なものではないのです。
自由や平等を最重要にしてしまうと、
本来大切にすべきことを見失ってしまうのです。
ですから、唯物主義や共産主義においては、
自由と平等が大きく主張されます。

共助や慈愛があって、
自らの責任と義務を果たした上での
自由であり平等であるというのが本来の姿なのです。
「自分の自由だから構わないでしょう」
「平等なんだから良いでしょう」
「平等なんだから俺にもよこせ」
「自由なんだから俺にもさせろ」
そんな言葉を語る人たちが行うことの先にあるものの中に
社会悪と言われるような行為が並んでいたりするのです。

自由とは、何からの自由なのでしょうか、
平等とは、何に対する平等なのでしょうか、
その本質を問うとき、
実は、無条件な自由とか平等などは、
この世にはなく、また善でもあり得ないことが
見えてくるでしょう。

人は、ひとりひとりが異なる存在です。
異なる存在が、同じように振る舞うことなどあるでしょうか
そして、異なる存在が同じものに過ぎないなどあるでしょうか
人は、本質的に平等ではあり得ないのです。
そして、肉体という枷がある以上は自由でもないのです。
ひとりひとりが、それぞれに異なる価値をもった
異なる存在として、尊きものであるはずなのです。
なぜ、戦争がおこるのか、
それは自分たちと異なる存在を認めないが故ではないでしょうか、
そして自由に行ってはならないことがあるのを
忘れてしまっているからなのではないでしょうか
なぜ、殺人をするのか、
それは、相手の価値を認めることが出来ないからではないのでしょうか。
自分の自由しか考えていないからではないでしょうか。

自由と平等を語るものよりも、
義務と責任を語るものの方が信用できるでしょう。
義務と責任を語ることの出来ない政治家や教師は
価値の無い存在であると言えるでしょう。

まず、存在するがゆえに課せられているものを
しっかりと見据えることが必要ではないのでしょうか、
そこには自由もなければ平等もありません。
義務と責任と与えられた環境があるだけです。
でも、それがこの世に生を受けたものである証しであるわけです。

赤ん坊は、無知であり、本能に従ってだけしか動けません。
ある意味で自由であるといえるのかもしれませんね。
でも、大人が皆赤ん坊のようであったら、
社会は成立するでしょうか。
そう、成立などしないでしょう。
つまり、根源の自由というものは
そんなものでしかないということなのです。
赤ん坊は、親から学びます。
何を学ぶのか、それは生きる為のルールです。
つまり義務と責任ということです。
人が社会的な生き物であると言われるのは、
まさに、義務と責任の存在あってのことであると言えるでしょう。
すなわち、社会が平和であり、安心していられるのは
自由と平等よりも先に、
義務と責任があるからだということなのです。
義務と責任を果たした上で語られるべきものが
自由であり平等であるということなのです。

つまり、大切なことは、
どんな義務を自分は負っているのかであり
どんな責任を自分は持っているのかであると
いうことなのですね。
それを、まず認識することが重要であると言うことになるわけです。

自分が背負うべき義務は何であるのか
自分が果たすべき責任は何であるのか
それを語れるものこそ、真のリーダーと言えるべき
ものではないでしょうか。
それを語っている人は誰なのかを見極めることが、
リーダーを選ぶものに課せられていることではないでしょうか。
すなわち、政治家を選ぶときに本当に知るべきことは、
候補者が、どんな義務と責任を語れるのであるのかを
しっかりと見極めることにあると言えるのではないかと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック