2016年03月01日

Jリーグ開幕


 今年もJリーグが開幕しました。
我が、愛するエスパルスにとっては、
初めてのJ2での闘いです。
そして、J2で優勝して、J1に復帰するための
始まりでもあります。

 昨年末から、今年のシーズンに
備えて、フロントはしっかりと準備をしてきました。
今後のエスパルスのあるべき姿を描き、
きちんと目標を設定し、
そのためにすべきことを明確にし
サポーター、スポンサーに向けて
しっかりと発表して、
決意をもって、リスタートしたと言えるでしょう。
残った選手たちには、誇りと勇気をもって
闘ってもらいたいと思います。

 さて、開幕のアイスタ日本平の試合ですが、
J2とはいえ、15000を超える観客がスタジアムを
埋めて、エスパルスを応援してくれました。
そして、J2の闘い方をしっかりと感じる試合と
なったわけです。
試合結果は、スコアレスドロー。
課題のひとつであった守備の立て直しについては
目途が立ったといえる感じではありましたが、
引いて守る相手から得点を奪うという
攻撃面において、課題を残す結果となりました。
優勝を争うクラブ相手であれば、
J1と似た展開もあり得るものの、
そうでないクラブは、
しっかり守ってくるとなるわけです。
今回の相手クラブの監督が語ったという言葉
清水相手に勝ち点3をとったら、
その価値は6以上であり、
勝ち点1でも3以上の価値がある
という意気込みの前に、
ゴールを得ることが出来なかったと言えるでしょう。
シュート数6本は、少なすぎです。
もっと、積極的にシュートすべきでしょう。
また、シュートまで早い展開で持っていくことが
必要であるとも言えますね。
次節は、アウェイ戦です。
しかし、今年はアウェイであっても勝利を
求めていくことが要求されます。
しっかりと修正すべき点を修正して、
勝利目指して頑張って欲しいと思います。


開幕戦
エスパルス先発メンバー
GK 西部洋平
DF 鎌田翔雅、犬飼智也、三浦弦太、福村貴幸
MF 六平光成、本田拓也、石毛秀樹、大前元紀、白崎凌兵
FW 北川航也
控え
GK 杉山力裕
DF ビョン ジュンボン
MF 河井陽介、竹内涼
FW 村田和哉、ミッチェル デューク、金子翔太
交代
村田和哉 ← 石毛秀樹[71分]
ミッチェル デューク ← 北川航也[77分]
金子翔太 ← 白崎凌兵[87分]


2016年トップチーム選手・スタッフ一覧
http://www.s-pulse.co.jp/top_team/profile/index/

2016年ゲーム日程
http://www.s-pulse.co.jp/games/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック