2016年03月04日

地方創生とコンテンツの関わり・・・・


ひな祭りの節句も過ぎて、
初春の兆しが多くなってきました。
昨年を振り返る催しも、
様々な年間受賞の発表などと共に開催されています。
そんな中で、地方創生というキーワードで
各地域がコンテンツ、ITなどを活用しての取り組みにを
どの様に行っているのかということに関する
イベントも開催されています。
どの催しも、関心のあるところですが、
なかなか参加できなかったりします。
参加出来る皆さんは、ぜひ参加してみては如何でしょうか。


〜☆〜☆〜☆〜

 3月15日 ふじのくに食の都づくり県民大会
http://shizuokacci.eshizuoka.jp/e1622054.html
 3月11日・18日・25日
 小規模事業者持続化補助金制度説明会「採択のコツ!」
http://shizuokacci.eshizuoka.jp/e1622419.html
第60回静岡まつりコスプレイベント『桜の城の満開の下』
http://www.shizuokamatsuri.com/cosp/
平成28年度県政インターネットモニター」募集
https://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-120/e-monitor/oubo28.html
2016年度「徳川みらい学会」会員を募集(年6回の講演会、年2回の学会報)
http://www.shizuoka-cci.or.jp/assets/files/Tokugawa/2016tokugawa_mirai.pdf
8/12〜16「第30回全国少年少女草サッカー記念大会」大会プログラム広告・賛助会員を募集
http://www.shizuoka-cci.or.jp/assets/files/event/20160812_16kusa.pdf

〜・・・
故郷である静岡県と静岡市の取り組みについては、
常に気にしています。
やはり、強い郷土愛があるからなのかなっと思います。
コンテンツ利用下手と一部から言われてもいる
静岡ではありますが、
良い素材も多く存在していますから、
まだまだ、これからであると言えるでしょう。
駿府城、日本平、三保の松原、清水港、南アルプス
清水の次郎長、ちびまる子ちゃん、ハルチカ
清水エスパルス、などなど。

〜☆〜☆〜☆〜

「いばらきコンテンツコレクション」
http://www.i-contents.jp/icc/
 主催:茨城県
 後援:関東経済産業局
【開催日時】平成28年3月6日(日)10:30〜17:30
【会  場】秋葉原UDX4階Gallery Next
【入 場 料】無料(事前申し込み不要)
【ステージ】SPECIAL TALK LIVE「クリエイターが自立するには」
 ゲスト:映画監督・特技監督 樋口真嗣 監督
  (「シン・ゴジラ」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」)
   アニメ・特撮研究家 氷川竜介 氏
 ※ステージ入場料無料(当日11時より整理券を配布)

〜・・・
茨城県は、大学4年間を水戸市で過ごしたという関わりがあります。
大洗のガルパンは有名ですね。
「あぐかる」というご当地作品もあります。
筑波、土浦、水戸、日立と大学に絡む地域から、
若い息吹が飛び出してきて欲しいところでしょうか。
鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホックにも頑張って欲しいですね。

〜☆〜☆〜☆〜

「埼玉県事業者×アニメ・マンガ関連会社 聖地化推進マッチングセミナー」
 主催:埼玉県
 共催:一般社団法人日本動画協会
■日時:3月9日(水)16時00分〜19時30分
■参加費:無料
■会場:大宮ソニックシティ4F 国際会議室(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1?7?5)
     http://www.sonic-city.or.jp/?page_id=178
■お申込み:下記フォームよりお申し込みください。
   ※参加締切3月7日(月)14時まで
 https://fs224.formasp.jp/x586/form2/
■プログラム:
・16時00分〜16時30分
(1) 「埼玉県のアニメの聖地の取り組み」
  埼玉県 観光課主事 藤田陽子
・16時30分〜17時20分 
(2) 「『あの花』から『ここさけ』へ〜アニメによる秩父の取り組み」
  株式会社アニプレックス 企画制作部部長 清水博之 氏
  秩父市 産業観光部観光課 中島学 氏
・17時20分〜17時50分
(3) 「地域振興へのキャラクターの活用法」
  SSS合同会社 CEO 小田 恭央 氏
・18時10分〜19時30分
 埼玉アニメの聖地相談会・懇親会
※講師・参加者間での交流会実施とともに会場にビジネス相談ブースを設置します。
・参加予定自治体
 埼玉県、さいたま市、秩父市、久喜市、川越市、草加市、行田市など

〜・・・
県をあげて、アニメ聖地化を進めようとしている埼玉です。
アニたま祭を五輪文化イベントに向けて
今後の取り組みに注目といったところでしょうか。

〜☆〜☆〜☆〜

「地域ICTサミット2015 〜地方創生におけるIoTの可能性〜」シンポジウム
 主催:総務省、慶應義塾大学SFC研究所、国際大学GLOCOM、日本経済新聞社
 後援:一般財団法人全国地域情報化推進協会、Innovation Nnippon
■日時:2016年3月9日(水)12:30-16:10
■会場:東京ビックサイト レセプションホールB
 http://www.bigsight.jp/access/transportation/index.html
■参加費: 無料
■参加申込み
 下記サイトよりお申込みください。(定員300名)
https://www1.entryform.jp/r/form.asp?c=ed7fc4e349cffc8a54f7959855e7dcee1103700451
■開催趣旨
 総務省は、ICTを活用して地方創生に資する活動をしている事例を表彰
 する「地域情報化大賞」を昨年度より推進し、第二回目となる2015年度の
 受賞者がこのたび決定しました。
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000103.html
 今回のシンポジウムは、わが国が抱える様々な地域課題(人口減少、
 少子高齢化、医師不足、災害対応、地域経済の衰退等)に取り組み、
 成果を生んでいる先進的な事例の表彰を行うとともに、講演やパネル
 ディスカッションを通して、「地方創生」や地方の活性化における
 ICTの役割を考える機会とします。
■プログラム
◯開会挨拶 
 高市早苗(総務大臣)(予定)
◯表彰式 
 大賞/総務大臣賞、アドバイザー賞、部門賞、特別賞、奨励賞
 (プレゼンター:高市早苗総務大臣)(予定)
◯基調講演「IoTと地方創生」
 村井純(慶應義塾大学環境情報学部長・教授)
◯パネルディスカッション
 コーディネータ:関口和一(日本経済新聞社編集委員)(予定)
 パネリスト:國領二郎審査会会長、受賞者代表(予定)
◯閉会挨拶
 池永敏康(大臣官房審議官)
■Innovator動画の上映について
 Innovation Nipponでは昨年度の受賞者をイノベーターとしてご紹介する
 動画を作成しました。シンポジウム当日は、会場でも上映される予定です。
◯【岐阜県東白川村】フォレスタイル 〜村役場のプラットフォームが
 お客様の家造りと建築業・林業を結ぶ〜
https://www.youtube.com/watch?v=QjAB6Gvi-iw&feature=youtu.be&list=PL6jz4OHPSAqvwmaEpme5jwcdcMUWTtj6C
◯【京都府京都市】「ポケットカルテ」&「すこやか安心カード」 
 〜医療データをつなぐ地域のヒューマンネットワーク〜
https://www.youtube.com/watch?v=3jXiYFVZIMI&feature=youtu.be&list=PL6jz4OHPSAqvwmaEpme5jwcdcMUWTtj6C

〜・・・
ICT活用によって、地方での可能性も大きく変化しています。
都心でなければ、という条件が大きく緩和されてきたことを
いかに上手く活用していけるのかが問われるところでしょう。
何が、地域にとって必要なのか、
何が、地域にとって大事なのか、
歴史、文化、伝統、産業、様々な視点から、
地域の魅力をしっかりと活かしていくことが必要とされています。
なによりも住めば都を現実のものとして、
地域愛を持った地域の絆を深めていくことが
大切でもありますね。
地域活性化、地方創生を、何を目的として
どんな姿を理想として、行っていくのか、
そこをしっかりと見据えた上で、
ツールとしてのICTを上手に活用していくことが
大事であると言えるでしょう。

〜☆〜☆〜☆〜
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック