2016年08月25日

変わりゆく技術 〜VHSビデオレコーダー生産中止にあたって〜

変わりゆく技術 〜VHSビデオレコーダー生産中止にあたって〜

記録に留めるということの難しさ

 国内主要メーカーによるVHSビデオレコーダーの生産が
終了するというニュースが先だって流れました。
そのニュースを聞いて、映像や音声の記録を残していくことの難しさについて
改めて思い起こさせられました。
情報を記録するという行為は、人類の歴史を語る上で
欠かせないものであることは間違いありません。
文字の記録や絵の記録は、石板や壁画から、紙とインク、印刷といった
技術進歩の流れの中で変化してきました。
では、音や映像を記録する方法の始まりはいつ頃なのでしょうか。

 音を記録の始まりについては、
多くの人はエジソンの蓄音機を思い浮かべるでしょう。
私は、まずオルゴールが思い浮かびました。

 音楽を記録し再生する最も古いものは
オルゴールであったのではないかと思います。
14世紀にカリヨンと呼ばれる鐘の音を鳴らす仕組みを
自動化出来ないかという考えから「自動カリヨン」が生まれ、
15世紀にぜんまいが考案され、
カリヨンが時計に取り込まれました。
1796年にはスイスの時計職人の手によって、
「シリンダー・オルゴール」の原型が作られました。
シリンダーを変えることで曲を変えることができ、
まさにレコードの原型であったと言えます。

 また、自動演奏装置も音の記録であったと思います。
自動演奏ピアノなどには、紙テープなども用いられていました。

 そして、1877年エジソンによる
「フォノグラフ(Phonograph)」が登場して
音の記録再生が一般に大きく広がっていくことになります。

1881年 ベル研究所でグラフォフォンが開発
1887年 ベルリナーにより、SPレコードの原型となるグラモフォンが考案
1909年 日米蓄音器製造株式会社により、日本で初めて平円盤レコードの製造が行われ、
    SPレコード(平円盤・平音盤)が登場
1948年 LPレコード
1954年 EPレコード(45回転)ドーナツ盤が登場

 19世紀に登場した磁気テープも
第二次世界大戦後に録音用として普及していきます。

 オープンリールデッキから、カセットテープレコーダーと
家庭で録音するための装置が出てくると、
家庭で録音・再生して楽しむということも一般的になっていきます。
私が物心ついたときに、
家にソニーの小型オープンリールデッキがありました。
今も実家にあり、ちゃんと動くと思います。

 また、カセットテープデッキが教育教材として売られ、
LL録音といった複数トラックを利用した
英会話教育用のカセット教材もありました。

 録音ということでは、「レコードとカセット」が、
ひとつの時代を作っていました。
そんな中でウォークマンの登場は画期的なものでした。

 一方で、映像を記録するという技術は、
18世紀に初期技術が登場し、
19世紀には銀板写真が登場して広がっていきます。
20世紀に入るとフィルムカメラが作られ、
映像の記録再生技術も登場します。

 家庭で映像を記録再生するようになるのは、
8ミリフィルムによる
8ミリ映写機と8ミリカメラの普及が大きかったでしょう。

技術の進歩は映画からテレビへと映像の文化を進歩させ、
家庭で映像の録画再生ができる時代へと進んでいくわけです。

 家庭用ビデオデッキとして登場してきたのは
「ベータ」と「VHS」という2大製品でした。
ベータが先行していましたが、非常に高価でしたので
一般に普及するまでには至っていませんでした。
VHSは、まさに価格面で大きくリードしたと言えます。
また、レンタルビデオの登場と、そのソフトのラインナップにおいて
VHSが大きくリードしたことが、
その後の市場競争での勝因であったと感じます。
VHSはNHKのプロジェクトXでも取り上げられましたが、
パーソナルな映像文化の普及に大きく寄与したと言えます。

 技術の進歩は止まることなく、
録音も録画も、より高品質でよりコンパクトへと変化していきました。
1982年CDが登場、
1988年シングルCD、
そして、MDが登場します。
映像に関しても、
8ミリカセットビデオが登場し、
VHSもVHS-C 、 S-VHS / S-VHS-C 、 W-VHS 、 D-VHS と
変化していきました。
その中で、VHD、LDという光ディスクが登場。
カラオケや映像ソフトは光ディスクへと媒体を変えていきました。
そして、1996年DVDが登場して、
2003年ブルーレイが登場して、今に至っています。

 録画再生媒体の変化は、その録画再生装置の変化でもあり、
変化にともなって装置の販売が終了するという歴史を繰り返してきました。
ソフトの再生環境を維持するのが困難であり、
それはパソコンのデータ記録媒体でも同様でした。

技術の進歩の流れの中で、
情報=音声画像データの記録媒体や品質も変化し、
その装置も変化していきます。
古い技術や装置は、市場の中で
残念ながら消えていく運命にあります。

 VHSは、数ある記憶媒体の中では、非常に長生きであったと言えます。
皮肉なことに、技術的には高いとはいえない
フィルムの時代の記録の方が長生きしています。
再生装置の構造が簡単であることも一因であり、
レコードプレイヤーは今も生き続けています。
カセットテープの方が早く消えていった感じですね。

 そして、ネットワーク時代となり、
情報は記録媒体を買う時代から、
記録媒体へダウンロードする時代に変化しました。
TV録画もハードディスクに記録という時代。
DVDやブルーレイも、いずれ消えていくのかもしれません。
VHS装置の製造終了は、
時代の変化の象徴的な出来事のひとつであると言えます。

 数多く購入し楽しんできた
VHSソフト、LDソフトが再生できなくなる。
残念ですが仕方ありません。
しかし、多くのソフトを購入する人たちがいたからこそ、
次世代の技術開発が進み、今の技術があるのです。

 VHSやLDで販売されていたソフトが
DVDで再販され、
ブルーレイでも再販されています。
時代の流れのなかで、記録媒体は変化しても、
ソフトであるコンテンツは
変わらない魅力を次の世代へと形を変えつつも
伝えられていくことでしょう。


変わりゆく技術 〜VHSビデオレコーダー生産中止にあたって〜
https://vpoint.jp/column/69692.html
13938514_1074496042599533_3947607108027337830_n.jpg14022210_1074496139266190_3812189093521196999_n.jpg
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:ITコーディネータから贈る言霊の風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック