2017年02月23日

TAAF2017アワード受賞結果

TAAF2017アワード受賞結果

今年は、ノミネート作品の選択を、twitterによるファン投票という形式にしたことから、
ノミネート作品に、一定の傾向を生じる結果になりました。
劇場映画部門については、
対象作品の期間からノミネートを外れた「この世界の片隅に」
ファン投票の結果からノミネートを外れた「君の名は。」
という有力作品が候補にないという状況で
順当に「映画『聲の形』」が受賞したといった感じです。
テレビ部門については、飛び抜けた印象のあった作品が
無かったような気もするなかで、
フィギュア―スケートの世界を舞台にした作品
「ユーリ!!! on ICE」が、受賞ということになりました。
Twitter投票するファン層からも高い支持を受け、
アニメファン賞も受賞した作品です。

最近は、ヒットするためには、
いかにして、女性ファンの心を掴むのかが
ポイントになってきているように感じます。
少なくとも、女性ファンから嫌われてしまうような作品は
ヒットに結び付かなくなっていると言えるのではないでしょうか。
興行結果やネットでの認知を含め、
ヒットの牽引のポイントは、
男性ファンではなく、女性ファンの時代になっているなっと
いう気がしてなりません。
当然、製作サイドも、そこは認識しているでしょうから、
今後の企画についても、そのあたりが意識されたものが
多くなっていくことになるでしょう。


個人賞は、

「君の名は。」の新海誠 監督。

「映画 聲の形」「ハルチカ ハルタとチカは青春する」
「蒼の彼方のフォーリズム」「無彩限のファントム・ワールド」
「ハイスクール・フリート」「チア男子!!」の吉田玲子氏。

「クロムクロ」でED絵コンテ・演出・原画、
「ユーリ!!! on ICE」で、キャラクターデザイン、作画監督、総作画監督、
「舟を編む」で絵コンテ を担当した、カラーの平松禎史氏。

「甲鉄城のカバネリ」の美術を支えた 吉原俊一郎氏。

「終わりのセラフ」「七つの大罪 聖戦の予兆」
「甲鉄城のカバネリ」の音楽を支えた 澤野弘之氏。

と、注目作品を支えた実力者が順当に受賞したといった感じです。


<TAAF2017アワード受賞結果>

作品賞
グランプリ
劇場映画部門 映画『聲の形』
テレビ部門 ユーリ!!! on ICE

個人賞
監督・演出賞 新海誠
原作・脚本賞 吉田玲子
アニメーター賞 平松禎史
美術・色彩・映像賞 吉原俊一郎
音響・パフォーマンス賞 澤野弘之
(敬称略)

アニメファン賞
『ユーリ!!! on ICE』

総投票数は昨年を2割ほど上回る257,348票。

順位 タイトル 投票数
1 ユーリ!!! on ICE 41,439
2 ジョーカー・ゲーム 37,552
3 映画 ハイ★スピード! Free! Starting Days 16,094
4 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14,997
5 モブサイコ 100 14,623
6 ドリフェス! 11,078
7 TO BE HERO 9,398
8 名探偵コナン 純黒の悪夢[ナイトメア] 9,345
9 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! 8,797
10 銀魂 8,030
11 K RETURN OF KINGS 7,311
12 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 6,627
13 弱虫ペダル SPARE BIKE 6,576
14 蒼穹のファフナー Dead Aggressor EXODUS 5,295
15 ワールドトリガー 3,592
16 ポンコツクエスト ?魔王と派遣の魔物たち? 2,994
17 黒子のバスケ ウインターカップ総集編 影と光 2,810
18 ONE PUNCH MAN ワンパンマン 2,730
19 うたわれるもの偽りの仮面 2,456
20 終わりのセラフ 名古屋決戦編 2,276

-----------------

 今年は、対象期間に公開が入らなかったので
ノミネートされなかった
「この世界の片隅に」ですが、
TAAF2018では、ぜひ受賞して欲しいなっと、
個人的には願っていたりします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック